« サッポロHD vs スティール・パートナーズ | トップページ | 20日・21日の日銀政策委員会・金融政策決定会合に期待 »

2007年2月18日 (日)

法律での親子

2月15日のエントリー「子どもの父親」に対し、fantyさんにトラックバックを付けていただき、法律での親子に関しての話を書いてみます。

1) バカな警察官と検察官

これは、fantyさんのトラックバックで触れておられるニュースです。次のサイトをご覧下さい。

時事通信 2月16日-民法の離婚規定に反し起訴=出生届めぐり-地検が謝罪、公訴取り消しに・大阪
朝日・大阪 02月16日-虚偽出生届で起訴の中国人女性 一転、適法に
読売・大阪 2月17日-離婚後140日「前夫の子」出生届、民法見落とし起訴

民法772条に従って、子どもの出生届を出したら、元の夫が警察に訴えて、警察/検察は公正証書原本不実記載で起訴したのです。なお、公正証書原本不実記載とは、次の刑法157条です。

公正証書原本不実記載等
第157条  公務員に対し虚偽の申立てをして、登記簿、戸籍簿その他の権利若しくは義務に関する公正証書の原本に不実の記載をさせ、又は権利若しくは義務に関する公正証書の原本として用いられる電磁的記録に不実の記録をさせた者は、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

しかし、次の毎日新聞の記事では「女性は当初から「前夫との子供ではないが、そう届け出るよう(役所で)指導された」と供述。」と書いてあります。警察や検察は一旦思いこんだら相手の言うことを素直に聞く耳を持たない人達が集まっているのかと感じてしまいます。(2月14日のエントリー:それでもボクはやってないを思い出します。)警察官、検察官の方々は、国民、市民に信頼される様に努力して欲しいです。

毎日 2月16日-前夫の子:届け出女性を不実記載で「誤って」起訴 地検

2) 法律による親子

血のつながっていない法律上の親子というケースは存在します。養子縁組で、親子となった場合もそうですし、そうでないケースも存在するはずです。次の2006年7月7日の最高裁判決は、その様なケースでした。

平成18年07月07日最高裁判決 親子関係不存在確認請求事件 (判決全文はこちらです)

自分たち夫婦の子どもではないのだが、自分たち夫婦の子どもとして届けを行った。やがて、その子は大きくなり成人になる頃自分の生い立ちの事情を知った。ドラマだったら、一波乱あって、その上で互いの認識を深め、最終的には本当の親子以上になったとなるのでしょうね。

現実の世界は、相続とか親の扶養義務とかくっついてくるし、兄弟がいたら相続財産の争いにもなる。厳しい現実があります。最高裁判決の事件の概要は以下です。

母が子に対して親子関係不存在確認を訴えたのですが、その子は戦時中の1943年生で、養父・養母の子として出生届が出され、育てられました。兄とは6歳離れていることから、兄は最初から自分の血のつながった弟ではないことを知っていたと思います。その子は、高校卒業後、親の経営するそば屋を手伝い、33歳の時に養父が69歳で亡くなり、養父の財産の1/3を相続しました。51歳になったとき、養母は親子関係不存在確認の調停の申立てを行いましたが、この時は、これを後で取り下げました。しかし、2004年になり、再び親子関係不存在確認の調停を申し立て、調停が不成立となり、裁判に持ち込まれました。判決文にあるのですが、兄が自分への相続が有利になるように運ぼうとする意向が働いたものと思われます。母も実子に有利になるようにしたかったのでしょうね。

東京高等裁判所は、養母の訴えを認めました。しかし、最高裁は、親子関係不存在確認を訴えは権利の濫用であるとして原判決を破棄し、東京高裁に差し戻しました。

血のつながりやDNAより、もっと大事なつながりが親子の間にあるし、そちらの方がずっと大切だと私は思うのですが。甘いのでしょうか?朝日の2月10日のBeeにこんな相談とアドバイスが出ていました。

3) 民法733条の改正は?

民法772条が話題になっていますが、民法733条(再婚禁止期間)の改正の必要性はないのでしょうか?民法733条は次の条文です。

第733条  ① 女は、前婚の解消又は取消しの日から6箇月を経過した後でなければ、再婚をすることができない。
②  女が前婚の解消又は取消の前から懐胎していた場合には、その出産の日から、前項の規定を適用しない。

民法733条は主語が”女は”となっており、女にしか適用されない条文です。DNA鑑定がある現代において、733条は女を不当に縛り付けていると、これを読んだ女性の方は感じられないでしょうか。772条の改正を検討する際に、733条の改正も検討すべきであると私は思います。

|

« サッポロHD vs スティール・パートナーズ | トップページ | 20日・21日の日銀政策委員会・金融政策決定会合に期待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/13966135

この記事へのトラックバック一覧です: 法律での親子:

» ありがとう [怪獣たろうの子育てダイアリー♪]
お邪魔します 子育て3年目のシングルママです。子育て&若く綺麗に居るためにがんばってます。在宅ワークなどお得情報も公開中です。よければご一読くださぁい!不要の際は削除くださいませ。。。 [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 10時37分

» バツイチ秀華の再婚日記 [バツイチ秀華の再婚日記]
最近バツイチで苦労することは自己紹介です。 最近はちょっと,前向きに新しい出会いを探しているんですけど、やっぱり自己紹介は難しいですね。 始めからどこまで話せばいいのか、よく分かりません。 [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 19時57分

« サッポロHD vs スティール・パートナーズ | トップページ | 20日・21日の日銀政策委員会・金融政策決定会合に期待 »