« 大淀病院に対する民事訴訟の弁論始まる | トップページ | ブルドックソースの第1戦勝利 »

2007年6月27日 (水)

慰安婦問題の日米での報道

まずは、日本の報道として朝日と読売の記事をあげます。

朝日 6月27日 塩崎官房長官はコメントせず 従軍慰安婦決議
読売 6月27日 「慰安婦」決議案、政府は静観の構え…一部議員に強い反発

次に、米国における報道ですが、昨日のNY Timesは上院外交委員会における決議の記事あり、本日のNY Timesは塩崎長官のコメントせずとのコメントから始まる記事でしたが、両方の記事ともReuterの報道をそのまま掲載しており、Reuterは登録なしで誰でも読めると理解することから、Reuterの記事をあげます。

Jun 26, 2007 House panel calls for Japan sex slave apology
Jun 27, 2007 Japan says U.S. sex slave resolution won't harm ties

26日の記事は、39対2の賛成多数で決議されたという内容であり、日本で報道されている内容とほぼ同じと思うのですが、これを受けての塩崎官房長官の話は、「"Japan-U.S. ties are unshakable. That will not change in the future," Chief Cabinet Secretary Yasuhisa Shiozaki told a news conference.」と報道されています。平成5年8月4日 河野談話のように「本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。」と、すんなりと発言することができないのだろうかと思ってしまいます。塩崎官房長官の発言は相手に理解を求める発言ではなく、Jun 27の報道になるだろうと思います。

もう一つNY Timesにこの関連の記事がありましたので、その記事は「続きを読む」に入れておきました。この記事で、一番私の気を引いたのが、最後の文章の「President Bush,( in an attempt to help Mr. Abe overcome this issue,) said he accepted his apology.」で、括弧は私が勝手にくくりましたが、これを読んだ人は、安倍総理は慰安婦問題について謝罪を行ったと解釈していると考えます。ブッシュ大統領が嘘をついているか、安倍総理が嘘をついたか二つに一つとなるのではと思います。

それと、上のJune 27の記事ですが、最後の部分の「Signs of progress in getting North Korea to scrap its nuclear arms program have put pressure on Japan to change its stern stance towards Pyongyang.

But Abe has said Tokyo would not provide aid to the North without progress in a dispute over Japanese citizens kidnapped decades ago by Pyongyang's agents.」と言う部分です。

米国は、北朝鮮の核兵器放棄に真剣に取り組んでいると思います。ブッシュ政権にとって、イラクでの名誉ある撤退は希望薄であり、北朝鮮の核兵器放棄が最後の外交勝利だと思います。日本が今のままでいたら、世界から取り残されてしまうのではと思います。日本政府がすべきことは世界各国の信用を得ることであるはず。でも、日本は民主主義の国だから、世界各国の信用が得られる政府を選ぶことは国民がしなければならないことでした。

参議院選て大事ですね。

NY Times Article: June 27, 2007

Asked for Apology, Japan Plays for Time in Sex Slavery Standoff

By NORIMITSU ONISHI Published: June 27, 2007

TOKYO, Wednesday, June 27 — Even before a United States Congressional panel overwhelmingly passed a resolution on Tuesday urging Japan to apologize for its wartime sex slavery, the Japanese government said it would have no comment.

But the vote of 39 to 2 by the House Committee on Foreign Affairs has set the stage for an adoption by the full House of Representatives next month, at which point Prime Minister Shinzo Abe will face pressure to respond in some way or another.

Already Mr. Abe, who initially said Japan would not apologize even if the resolution passed, has quieted his defiance in a bid to minimize its impact. In a news conference before the vote, Mr. Abe said he had no comment on the resolution, saying only that ties between Japan and the United States were “unshakable.”

The nonbinding resolution, which was spearheaded by Michael M. Honda, Democrat of California, calls on Japan to take responsibility in “a clear and unequivocal manner for its Imperial Armed Forces’ coercion of young women into sexual slavery.”

Tom Lantos, a California Democrat who heads the committee, said that Japan’s refusal to apologize formally was “disturbing to all who value” relations between the United States and Japan.

“Post-war Germany made the right choice,” Mr. Lantos said. “Japan, on the other hand, has actively promoted historical amnesia. The facts are plain: there can be no denying that the Japanese Imperial military coerced thousands upon thousands of women, primarily Chinese and Koreans, into sexual slavery during the war.”

In a statement, Speaker Nancy Pelosi said she looked forward to passing the resolution in the House and “sending a strong message that we will not forget the horrors endured by the comfort women,” the euphemism used in Japan for the sex slaves.

The resolution began gathering support in early March after Mr. Abe, who had led a movement to revise Japan’s wartime history through his political career, denied the military’s direct role in coercing women into sex slavery and said he would not apologize even if the resolution were passed.

After his remarks caused a furor in Asia and the United States, Mr. Abe softened his remarks, trying to placate foreign critics and his right-wing base at home.

In his first visit to Washington as prime minister in April, Mr. Abe vaguely expressed sympathy for the former sex slaves while carefully avoiding taking any historical responsibility. President Bush, in an attempt to help Mr. Abe overcome this issue, said he accepted his apology.

|

« 大淀病院に対する民事訴訟の弁論始まる | トップページ | ブルドックソースの第1戦勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦問題の日米での報道:

» 慰安婦 仕掛人 [マイアミの青い空]
学生時代から関心を持っていた従軍慰安婦問題。私は安倍首相の政治手腕に疑問を持つが、慰安婦問題に関する姿勢は理解できる。マイクホンダ議員に関しては国語力+英語力で触れた。今日は帝京大学教授 高山正之氏の...... [続きを読む]

受信: 2007年7月12日 (木) 09時24分

« 大淀病院に対する民事訴訟の弁論始まる | トップページ | ブルドックソースの第1戦勝利 »