« 光市事件に関するもう一つの裁判 | トップページ | 消費者金融クレディアへの再生債権の届けは大変 »

2007年9月21日 (金)

ニコスはMUFGカード会社へ

本日の気になったニュースは、以下でした。

日経 9月20日 ニコス、1000億円赤字・今期下方修正、従業員4割削減

気になった理由は、本年4月にDCカードと合併をした元日本信販のニコスが1000億円の赤字で、従業員を4割も削減することになったのか、もし、そうであるなら他の消費者金融会社はどうなってしまうのだろうと思ったからです。見ていくと、やはり、少し違った面が見えてきました。

1) ニコスの発表

この発表が一番まとまっていました。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の事業戦略の一環と思います。即ち、本年4月のDCカードとニコスの合併時に計画されていたのだと思いました。本日同時に、ニコスの個品割賦と呼んでいる商品クレジット部門をジャックスに譲渡することを発表しています。その結果、ニコスはカード関連を中心にしていくと、例えば、このパラグラフの冒頭に掲げた発表のファイルの29/30ページにもあります。21/30ページによれば、来年初めにはMUFG Cardが出てくるようです。

2) 従業員4割削減

1)の冒頭ファイルの14/30ページに早期退職に伴う構造改革引当金354億円と記載があります。人員削減の人数は、本年4月にニコス5595人とDCカード1100人が合わさったので、6695人になったわけです。そして、今度は2890人の削減です。354億円を1人あたりの平均にすると12百万円になるのですが、元々1400人の削減予定であったので、追加の人数分が354億円だとすると1人あたり平均24百万円近くになります。規定通りの、退職金も支払われるわけで、これが積み増し退職金の額だとすると、やはりMUFGが取り組む戦略だなと感じました。(人員削減費用は14/30ページ)

3) 19年業績は当初計画比1273億円のダウン

業績の見通しが1273億円ダウンしますって、なかなか言えないことと思います。その内訳は、10/30ページにあります。1273億円のうち、711億円が利息返還引当金、貸倒引当金、債務整理増加等です。18年度に利息返還等引当金を141億円積み増しをしています。ニコスの場合は、グレー・ゾーン金利がそれほど多くないと思うのです。でも、これですから・・・・。と言うことは、消費者金融会社の実態が、怖くなる気がします。サブプライムによる金融機関のロス発生なんて米国のことかと思ったら、実は日本のグレーゾーン金利の撤廃と格差社会のことだったりして。

4) 1273億円の処理

これがすごいですね。たちどころに、消えますから。即ち、MUFGは、1200億円で第3社割当増資に応じます。そうするとニコスの資本金と資本剰余金がそれぞれ600億円増加します。でも、直ちに資本金と資本剰余金をそれぞれ600億円減少します。何をやっているやらですが、ニコスには1200億円マイナス手数料及び経費の1197億円が入ることと、資本金及び資本剰余金減少差益1200億円が計上されて、赤字がなくなります。所詮、このあたりの取引は、2008年8月には株式交換によりニコスが上場会社ではなくなり、MUFGの完全子会社となっているのでしょうから、手の内で遊んでいるような気がします。(このあたりは、このプレスリリースに書いてあります。)

|

« 光市事件に関するもう一つの裁判 | トップページ | 消費者金融クレディアへの再生債権の届けは大変 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/16516857

この記事へのトラックバック一覧です: ニコスはMUFGカード会社へ:

» 消費者金融 審査甘い:消費者金融 審査甘い消費者金融ページ [消費者金融 審査甘い:消費者金融 審査甘い消費者金融ページ]
消費者金融で審査が甘い会社のリスト集が完成しました!借りれない方必見!ただ今特別融資枠がある優良消費者金融の情報を入手!今すぐ借入したい方のサイト [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 01時06分

» DCカード(三菱UFJニコス) [クレジットカードキャッシング情報 クレジットカードを比較してキャッシング申込!]
DCカードは、2002年度末で会員数953万人、加盟店数146万店というメジャーなクレジットカードです。DCカードの中でも、DCカードジザイルは年会費永久無料+クオカードプレゼント、更に海外旅行保険付でポイントも2倍で貯まるなど大変お得なカードとなっています。DCカードの運営会社は、2007年4月1日より株式会社ディーシーカードから三菱UFJニコス株式会社に変わりました。東京三菱銀行系のカード会社になった訳ですが、更に2008年8月に三菱UFJニコス株式会社は、三菱UFJフィ...... [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 13時44分

» 消費者金融の金利って、実際はどれ位? [消費者金融の金利を徹底分析]
消費者金融の金利は高い…と、これはもう当たり前のように言われてますよね。実際に消費者金融を利用したことはない私ですが、返済しても返済しても利息分にしかならないというイメージがあります。さて、実際の所、消費者金融の金利ってどれ位なんでしょう?消費者金融の金利を、ざっと調べてみました。CMなどでもお馴染みの、消費者金融専業の大手企業についてです。同じ消費者金融でも金利には多少幅があるようです。武富士は10.0~27.375%の幅がありま... [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 20時58分

» 消費者金融の金利、払いすぎかも?! [消費者金融の金利を徹底分析]
消費者金融の金利は、出資法に基づいて決定されていることがほとんど。出資法はある一定条件を満たせば29.2%を上限に金利設定することが許されています。正直、数字を見るだけでも、恐ろしく高い金利だな~と思いますよね…。でも、消費者金融でお金を借り返済が厳しくなった場合に、特定調停というものを行うことができるんです。これは、消費者金融が出資法で決めていた金利を、利息制限法に基づいた金利で計算し直し、返済の負担を軽減するものです。消費者金融の�... [続きを読む]

受信: 2007年9月22日 (土) 18時31分

» グレーゾーン金利廃止で消費者金融が変わる [消費者金融の金利を徹底分析]
消費者金融のいわゆるグレーゾーン金利。これは、出資法と利息制限法という二つの法律の定める金利に開きがあり、その部分の金利を指します。つまり、消費者金融の金利は、出資法に基づいて決められており、利息制限法には違反しています。ただ、利息制限法には罰則がないのです。しかし、その消費者金融のグレーゾーン金利、とうとう廃止されることが決定しました。消費者金融の高い金利が元で、債務者の自己破産や家庭崩壊、自殺が社会問題化した... [続きを読む]

受信: 2007年9月22日 (土) 20時11分

» DCカードは安全です [DCカードは安全です]
DCカードは安全です [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 10時39分

» 初心者キャッシング比較ガイド [初心者の為のキャッシング比較ガイド]
初心者キャッシング比較ガイドではキャッシング初心者の方の為に、ネットキャッシングをわかりやすく各種用途・目的別・金利別・人気順に徹底比較しています。 [続きを読む]

受信: 2007年9月26日 (水) 07時58分

« 光市事件に関するもう一つの裁判 | トップページ | 消費者金融クレディアへの再生債権の届けは大変 »