« 新銀行東京 | トップページ | 経済成長と財政改革 »

2008年9月 2日 (火)

福田総理の突然の辞任

なぜ福田氏は突然総理辞任を宣言したのか、昨日の福田氏の説明は私にとって納得できるものではなかった。こんな時、海外の報道を読むとバイアスがかかっていないから、ストレートで面白いものです。例えば、

New York Times September 2, 2008 In Japan, a Leadership Vacuum

TOKYO — Prime Minister Yasuo Fukuda’s abrupt resignation, the second by a Japanese premier in under a year, underscores the chronic leadership vacuum plaguing the world’s second-largest economy, even as it threatens to slip into recession.

Washington Post September 2, 2008 Japan's Premier Resigns Position After 11 Months

MANILA, Sept. 1 -- Japanese Prime Minister Yasuo Fukuda, after less than a year of listless leadership over a sour economy, said Monday that he was resigning to prevent a "political vacuum" that could further weaken Japan's government.

Wall Street Journal September 2, 2008 Another Japanese Leader Quits as Recession Looms

TOKYO -- Prime Minister Yasuo Fukuda abruptly resigned Monday less than a year after taking office, prolonging a period of political deadlock as the world's second-largest economy flirts with recession.

BBC 1 September 2008 Japan PM in surprise resignation

Japan's Prime Minister Yasuo Fukuda has announced his resignation during a news conference at his official residence.

なぜ福田氏は、辞任をしたのか、今言えない事情がないとするなら、リーダーシップを持ち得なかった人と評価せざるを得ないのだろう。ガソリン特別税にしても、早い時期に一般財源化を持ち出していれば、自民党の内部からの反発を受けても、民主党の一部は造反して賛成してくれたかも知れない。支持をした国民も、いたはずだと思う。

自民党内の勢力に気を使いすぎたから?でも、首相になったのだから、党の勢力に振り回されるより、公務員の長として、国民のために働いて欲しかった。

言えない事情があるとすれば、何であろうか?まさか党内や、連立相手の公明党からもいじめられ嫌になったと言うことではないと思うし。法案が通らないのは就任したときから分かっているし。解散をしたくないのであれば「俺の首を切れと言って横になってでも、押し通せば良いのだし。」

もしあるとすれば、密約ですか?ならば、誰とでしょう?自民・民主・国民新党をごちゃ混ぜにして仕切り直す再編が、あり得るかも知れないと思います。それを見越しての辞任は考えすぎでしょうか?

いずれにせよ、自己の利益ではなく、国民のためを思って活動・行動して欲しいと思います。その様な政治家を私は支持します。福田氏の辞任について、現状のままであれば、この民主党ニュースにある「1カ月前の内閣改造は何だったのか、12日の国会召集を決定したばかりであるなかでの辞意表明は何なのか、「あまりにも国会軽視、国民無視の手法に強い憤りを禁じえない」」という鳩山由紀夫氏の批判が正当に思えます。

|

« 新銀行東京 | トップページ | 経済成長と財政改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/42363580

この記事へのトラックバック一覧です: 福田総理の突然の辞任:

« 新銀行東京 | トップページ | 経済成長と財政改革 »