« TV報道の素材負け? 人工呼吸器の取り外し | トップページ | ニューシティ・レジデンス破綻から感じるJREITの不安 »

2008年10月 9日 (木)

大きな政府へ転換か?

7日の米大統領選挙のテレビ討論会で、共和党のマケイン候補が住宅ローンの買い取りを主張しました。(実際の発言は、討論会の冒頭近くの2分58秒からのマケイン候補による発言と思いますので、その発言を続きを読むに入れておきます。)

日経 10月8日 米大統領選討論会 オバマ氏「減税」マケイン氏「ローン買取」

金額としては、3000億ドル(約30兆円)であり、現段階では先週成立した金融安定化法の枠組みを使い、その7000億ドル(約70兆円)のうち数と理解します。

Reuter Oct 8 WRAPUP 4-McCain pushes $300 billion mortgage plan

WSJ OCTOBER 9 McCain Reshuffles Rescue Deal

今回の米国大統領選では、オバマ候補の主張もマケイン候補の主張も、似通っている部分が相当多い気がします。両候補とも、基本的には減税であるが、住宅ローン買取にしても、エネルギー関係にしても、小さな政府路線から少し変わってきたのではとの気がします。必ずしも、大きな政府ではないにしろ、大規模な予算を伴う政策を実施するには、小さな政府では、困難が伴ってしまう。適正規模と言ったら、逃げに過ぎないことになりますが、これからの世界的な激動の時代を乗り越え、その中で成功し、国民の生活を守り切るには、単純に「小さな政府」や「民にできることは民に」ではなく、社会が、時代が必要とする政府をつくって行かなくてはならないと思います。

蛇足

マケイン候補の住宅ローン買取案も具体案は、大変だろうなと思います。下手をすると、変なことになるなと思ったもので。(当然、案は練られて、対策が講じられると思います。)

・ 単純にローンを買取しても融資している金融業の救済となり、住人の救済にはならず。
・ まじめに返済している人は、救済の対象ではなく、返済不履行者が救済されるなら、モラルハザードを生まないのか?

日本でも、衆議院選挙が近いはずです。減税とバラマキの双方が盛り込まれたマニフェストが出てくるのだろうな。実現不可能ではないにしろ、無理矢理実施すると弊害がいっぱい出てくると考えられる様な案。

そう言えば、米大統領選でも金融安定化法の審議でも、Tax Payerなる言葉が頻繁に出てきます。日本では納税者なる言葉は、税務署ぐらいでしか聞かなかったりして。逆に、埋蔵金なる言葉が、出てきたりします。

US PRESIDENTIAL CANDIDATES DEBATE, BELMONT UNIVERSITY, NASHVILLE, TENNESSEE

OCTOBER 7, 2008

MCCAIN: Well, thank you, Tom. Thank you, Belmont University. And Senator Obama, it's good to be with you at a town hall meeting.

And, Alan (ph), thank you for your question. You go to the heart of America's worries tonight. Americans are angry, they're upset, and they're a little fearful. It's our job to fix the problem.

Now, I have a plan to fix this problem and it has got to do with energy independence. We've got to stop sending $700 billion a year to countries that don't want us very -- like us very much. We have to keep Americans' taxes low. All Americans' taxes low. Let's not raise taxes on anybody today.

We obviously have to stop this spending spree that's going on in Washington. Do you know that we've laid a $10 trillion debt on these young Americans who are here with us tonight, $500 billion of it we owe to China? We've got to have a package of reforms and it has got to lead to reform prosperity and peace in the world. And I think that this
problem has become so severe, as you know, that we're going to have to do something about home values.

You know that home values of retirees continues to decline and people are no longer able to afford their mortgage payments. As president of the United States, Alan, I would order the secretary of the treasury to immediately buy up the bad home loan mortgages in America and renegotiate at the new value of those homes -- at the
diminished value of those homes and let people be able to make those -- be able to make those payments and stay in their homes.

Is it expensive? Yes. But we all know, my friends, until we stabilize home values in America, we're never going to start turning around and creating jobs and fixing our economy. And we've got to give some trust and confidence back to America.

I know how the do that, my friends. And it's my proposal, it's not Senator Obama's proposal, it's not President Bush's proposal. But I know how to get America working again, restore our economy and take care of working Americans. Thank you.

|

« TV報道の素材負け? 人工呼吸器の取り外し | トップページ | ニューシティ・レジデンス破綻から感じるJREITの不安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/42737677

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな政府へ転換か?:

« TV報道の素材負け? 人工呼吸器の取り外し | トップページ | ニューシティ・レジデンス破綻から感じるJREITの不安 »