« 会計処理ルールの緩和に関する報道 | トップページ | 世界は大不況に突入か? »

2008年10月22日 (水)

パトカーに追跡されたら止まりましょう

こういうことで最高裁まで争っている人がいたのだと感心しました。短い判決文です。

10月16日 最高裁判所第一小法廷 棄却決定 (全文pdf

争点の刑法208条の2第2項は、次の条文です。

2  人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で四輪以上の自動車を運転し、よって人を死傷させた者も、前項と同様とする。赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で四輪以上の自動車を運転し、よって人を死傷させた者も、同様とする。
(注:「四輪以上の」が平成19年5月23日法律第54号で削除された。)

次の事件でした。

被告人は,普通乗用自動車を運転し,パトカーで警ら中の警察官に赤色信号無視を現認され,追跡されて停止を求められたが,そのまま逃走し,信号機により交通整理の行われている交差点を直進するに当たり,対面信号機が赤色信号を表示していたにもかかわらず,その表示を認識しないまま,同交差点手前で車が止まっているのを見て,赤色信号だろうと思ったものの,パトカーの追跡を振り切るため,同信号機の表示を意に介することなく,時速約70kmで同交差点内に進入し,折から同交差点内を横断中の歩行者をはねて死亡させた。

「殊更に無視し」とは、赤色信号についての確定的な認識がないことを意味するとして、被告人は最高裁まで争っていたんですね。次の最高裁の意見に納得します。

赤色信号を「殊更に無視し」とは,およそ赤色信号に従う意思のないものをいい,赤色信号であることの確定的な認識がない場合であっても,信号の規制自体に従うつもりがないため,その表示を意に介することなく,たとえ赤色信号であったとしてもこれを無視する意思で進行する行為も,これに含まれると解すべきである。

|

« 会計処理ルールの緩和に関する報道 | トップページ | 世界は大不況に突入か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/42865492

この記事へのトラックバック一覧です: パトカーに追跡されたら止まりましょう:

« 会計処理ルールの緩和に関する報道 | トップページ | 世界は大不況に突入か? »