« 朝日新聞天声人語に対する苦言 | トップページ | 定額給付金の良い側面 »

2008年11月15日 (土)

評判悪い定額給付金

定額給付金について、ほとんど全ての新聞が13日の社説で取り上げています。主要新聞の社説と社説文の締めくくりの文章をあげてみます。

日経11月13日 疑問だらけの定額給付金
景気は一層冷え込むことが予想され、財政政策も一定の役割を果たすことが求められる。だが厳しい財政事情を考えれば、おカネは有効に使うべきだ。2兆円の定額給付金は賢明なおカネの使い方とはいえない。

朝日11月13日 定額給付金―ふらつく麻生政権の足元
この構想は、いよいよ支離滅裂なものになっている。発足間もない政権の統治能力そのものが問われる事態だ。

読売11月13日 定額給付金 迷走の末に地方丸投げとは
「政局より政策」というのが、麻生首相が解散を先送りしたうたい文句だ。その結果、こんな政策が出てくるようでは、首相の指導力が問われよう。

毎日11月12日 定額給付金 支離滅裂な施策はやめよ
政策目的が不明確で、効果も疑わしく、財政にも負担をかけるような定額給付金は白紙に戻すべきだ。生活対策というのならば、低所得層などに対象を絞った減税や、大胆な非正規雇用対策を講ずるのが責任ある政治の務めではないのか。

産経11月13日 定額給付金 誰もが納得する配り方に
給付金は衆院選対策の色彩が濃かったが、早期解散を先送りした以上、少しでも景気対策に役立つ方法を考えたい。

私の主張に近いのが日経や産経ですが、多くの地方紙の社説も傾聴すべき指摘をされています。その様な中のいくつかを掲げておきます。

北海道新聞11月13日 定額給付金 迷走の末のばらまきだ
国民の生活を底上げするには、一回限りの給付金ではなく、社会政策の充実や低所得者層に絞った支援策を講じるのが筋だ。

信濃毎日11月13日 定額給付金 白紙に戻して検討を
定額給付金を歓迎する声もあることは確かである。ただ、低所得層に対する生活支援ということであれば、最低賃金や非正規雇用など働き方の改善と併せて検討しなければならないはずだ。そこが見えないままでは、景気の後押しにもなりにくい。
 本来は国民の信任を得た政権が実施すべき課題である。緊急という名のもとに、税金のばらまきになってはまずい。

高知11月12日 【定額給付金】国民は冷静に見ている
一九九九年に配られた「地域振興券」では、新たな消費に振り向けられたのは使用額の約32%だった。今回の調査は、定額給付金では景気刺激は不発に終わり、振興券の二の舞いになる可能性を示唆している。
 財政が厳しい状況下での多額の支出には、国民が納得できるだけの合理性と支持が要る。多少の時間はかかっても実効性を上げることが第一だ。

沖縄タイムス11月13日 [定額給付金]まともな政策か疑問だ
給付金支給をめぐるドタバタぶりは、見通しのきかない国の行き先と、政治への不安を増長させた。首相の指導力にも疑問符が付いただけでなく、与党の政権担当能力さえ疑わせるような迷走ぶりだ。

新潟日報11月13日 定額給付金 混乱の種をばらまくのか
こんな訳の分からない制度では批判と混乱を招くだけだろう。景気浮揚につながるはずもない。もはやご破算にするしかない。・・・・・・
自ら明確な指示を出さず、流れに任せる麻生首相にリーダーの資格はあるのか。「選挙の顔」として選ばれた首相の限界がきたとしか思えない。

これからどうなるのでしょうか?定額給付金の行方、解散総選挙、そして衆議院選の結果は?

|

« 朝日新聞天声人語に対する苦言 | トップページ | 定額給付金の良い側面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/43121886

この記事へのトラックバック一覧です: 評判悪い定額給付金:

» 次期衆院選に向けた情報 13 衆院選は来春以降へ・・・ [本質]
麻生総理が、次期衆議院議員選挙について、予算成立後に行う可能性を示唆。来年になり [続きを読む]

受信: 2008年11月15日 (土) 19時58分

« 朝日新聞天声人語に対する苦言 | トップページ | 定額給付金の良い側面 »