« 銀行の比較 | トップページ | 小沢一郎への違法献金事件での公判始まる »

2009年6月18日 (木)

元厚労省の局長村木厚子容疑者事件の疑惑

6月14日に厚労省現職村木厚子局長(現在は大臣官房付)が証明書偽造に関連して逮捕され、連日報道が続いています。

日経 6月14日 厚労省局長を逮捕 郵便不正事件、証明書偽造に関与の疑い

何故、証明書偽造に手を染めたのか、今後どこまで真相が解明されるか不明ですが、思うことを書いてみます。

1) 証明書偽造なのか?

報道では、証明書の偽造と多くの場合使われています。しかし、発行人の名義や使用された印鑑が正規のものであれば、偽造ではなく、手続きの不備であり、役人としての行為の背任であり、虚偽公文書作成になります。

虚偽公文書作成が、正規の用紙と印鑑を使用して実行されていれば、見破ることは不可能です。内部調査でしか判明しにくい。この場合、村木厚子容疑者と上村勉容疑者の二人のみで犯行が可能なのか疑問を持ちます。即ち、他に協力者はいないのか。黙認をしていた人はいないのか。

組織犯罪とは思いませんが、組織の中で、知っていてあるいは疑問に思っていて犯罪の告発をしなかった人がいる可能性を思います。普通の場合であれば、問題視するほどではないかも知れないが、公務員として不正行為に対しては常に高い志を有しているべきであると考えるからです。

2) 証明書偽造リスク

報道によれば、上村勉容疑者は犯行を認めてるが、村木厚子容疑者は否認しているようです。虚偽公文書作成であるとして、ばれないと踏んだわけではないと思うのです。文書として、証拠が歴然と残る犯行なので、そんなリスクがあると解りきった犯罪を何故実行したのかと疑問があります。

村木厚子容疑者は53歳として報道されていますが、53歳で中央の局長というのは出世頭になります。年収だって、2千万円を超えているはずです。そして、例え退官しても何らかの職には間違いなく就けるし、役所を退官後も退職給付を受けられる。有罪になれば、全て吹っ飛ぶわけですから、もし犯行をしているなら理解に苦しみます。

実は、村木厚子容疑者の夫も、厚労省の役人なんですね。ここに厚労省の幹部職員名簿がありますが、大臣官房の3番目の総括審議官(国際担当)村木太郎が夫であると理解します。だから、二人合わせると5千万円近い年収があったかも知れません。二人ともここまでの幹部職員で、個人の生活は相当犠牲になっていたと思いますので、夫婦生活がどうであったか不明ですが。

3) 障害者自立支援法とは何が目的

この朝日 6月16日 厚労元部長「障害者自立支援法制定意識し議員依頼了承」には、幾つかのことが書かれています。

A) 元障害保健福祉部長(退職)が大阪地検特捜部の任意の聴取に、障害者自立支援法への流れをつくるため、民主党国会議員の依頼に応じたという趣旨の証言をしている。

B) 2004年当時、障害保健福祉部の企画課長であった村木厚子容疑者は障害者自立支援法の成立に向けての厚労省において、その責任者であった。

C) 村木厚子容疑者は、この国会議員の元私設秘書で凛の会元会長の倉沢邦夫容疑者(73)=虚偽有印公文書作成・同行使の共犯容疑で逮捕=と面会。

ということで、C)からすれば、虚偽公文書作成となっているので、本物を作ったようです。倉沢邦夫が秘書をしていた国会議員とは、誰かですが、6月2日 毎日 郵便法違反:民主・石井副代表「全く関知していない」という報道があり、”石井氏は「倉沢氏は私設秘書だったが、・・・」と述べ”とあります。

最終的に、障害者自立支援法は国会の投票において民主党は反対に回り、自民・公明の賛成で2005年10月に成立しました。身体・知的・精神障害者は1割負担を強いられることとなり、色々な批判がある法です。もし、国会議員の一声で、役所幹部職員による虚偽公文書作成が行われたとするなら、重大なことと考えます。上にも書きましたが、虚偽公文書作成は一般の人にとって見破ることが困難です。本物の水戸黄門の印籠が出現するのですから。

法のほとんどは、役所が法案を作成し、国会ではほとんど修正もなく原案賛成で成立します。しかし、役所の法案がよく錬られたよい案であれば、それでよいのであり、このことに対する議論は止めておきます。役所で法案を作成する際には、審議会や公聴会のみならず様々な関係者の意見も聴取して懸命になって作っていくのであり、多くの役人は自らの時間を犠牲にしても取り組んでおられます。

ところが、国会議員の一声で、法案を通すために、虚偽公文書作成をしたとなると、余りにも酷いことです。野党を含め議員に対して法案成立に向けて何かをするのであれば、それは法案の中身についての説明であり、議論であるべきです。障害者自立支援法は役人や議員のためにつくる法ではありません。障害者の為につくる法です。

|

« 銀行の比較 | トップページ | 小沢一郎への違法献金事件での公判始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/45378440

この記事へのトラックバック一覧です: 元厚労省の局長村木厚子容疑者事件の疑惑:

« 銀行の比較 | トップページ | 小沢一郎への違法献金事件での公判始まる »