« 保守主義 | トップページ | 裁判員制度の裁判 »

2009年8月15日 (土)

戦争責任

終戦の日がやってきました。戦争の責任は誰にあるのか、せめて終戦の日ぐらい、少し考えてみて良いように思います。

1) 戦犯

東京裁判により戦争犯罪人であると判決を受けた戦犯に対して戦争責任を押しつけて解決はしない。東京裁判とは、1945年7月26日の米、英、支三国宣言であるポツダム宣言第10項の「吾等ノ俘虜ヲ虐待セル者ヲ含ム一切ノ戦争犯罪人ニ対シテハ厳重ナル処罰加ヘラルヘシ」を実施したとも言える。

日本国民が、戦争についての責任者を処罰した裁判ではなかった。但し、日本国民自らが、戦争犯罪者を捕らえ、日本の法廷で裁判をできる状態にあったかを考えると、大いなる疑問が生じる。本土決戦が唱えられ、反対すれば、非国民とののしらなければならないキチガイ状態にあった。犯罪人の正しい捜査、検挙、公正な裁判すら日本人の手で実施できなかった状態であったと思う。

例えば、「日本は神国である。神風が吹く。天皇陛下のために死ぬことが至福である。」と教えた教員が、ほとんど全てであったと思う。普通に考えれば、根拠が無く、説得力を持たない。だから、これが正しいのだと強権を使っても、無理矢理たたき込む。今から考えると、キチガイ沙汰に思えるが、教員自身がそのような教育をしないと、職を失うどころか、村八分・国八分になってしまうから、頭を使わないようにして、誰かに魂を渡し、奴隷になる。

天皇陛下とは、便利な言葉であった。権威を笠に着て「天皇陛下のXXXX」と言えば、間違ったことでも、相手をねじ伏せ、自分の言うことを聞かすことができる。そんな日本の当時の社会こそ、日本を戦争へと導いた最大の原動力であったし、最も反省すべき点であると思う。

2) 零戦

これも一つの例であるが、零戦は優れた戦闘機であったと言われる。しかし、本当にそうであるのか、考えてみたい。零戦は、長距離飛行と運動性能で優れていた。

長距離飛行能力は、侵略目的に使うことであった。実際の戦争では、長く伸びきった補給路の護衛につくことになり、搭乗員の疲労・消耗を生んでいった。運動性能が良いことは、小さい半径で回れることであり、大きなGがかかったり、運動性能を生かした高い戦闘力は熟練搭乗員の操縦により発揮される。熟練搭乗員を失い学徒兵が操縦する零戦は、単なる飛行機であり、使い物にならない。可能な戦闘は、神風攻撃となってしまう。

Wikiを探していると、空母エンタープライズに神風攻撃をする1945年5月14日撮影のこの写真がありました。その結果、この写真のように前部エレベータが飛び、ダメージを受けたが沈没はしませんでした。

日米の技術力・生産力を考えれば、その差は明白であったのですが、当時の日本には、適度の性能で、誰にでも比較的容易に操縦が可能で、大量生産に向き、部品供給やメンテナンス容易というようなシステム全体で考える発想は貧困であったと思います。自分の周りしか見ない近視眼で、それ以上の部分は、自分に都合の良いように解釈してしまう。

今の日本人が同じような状態になってしまっている気がします。戦争に向かうとは思わないが、破滅に向かって進んでいる可能性があると思います。

3) 現在の政策

自民と民主の公約とマニフェストを見ると無茶苦茶で、戦前状態にあると思います。民主党のマニフェストに、中小企業の法人税を11%にすると書いてあるが、現行の18%で良く、法人税を納付できるような利益が生まれる社会にして欲しいのです。ガソリン税暫定税率廃止や高速道路無料化のCO2増加政策を言いながら、見通しのない2020年CO2排出25%削減や、お金持ちに対しても子供手当の支給を言う。キチガイ沙汰です。

自民も全く同じで、更にマスコミもそれを後押しする。根拠のない嘘をばらまく。戦前の日本とよく似ていると思います。

自民が勝てば、今と同じ状態が続くと思えるから、今回は一度民主が勝つ。しかし、政策は無茶苦茶だから、破綻する。そこを乗り越えて、よりまともな政党や社会が誕生する。そのようなことに期待を繋がなくてはならないのかと思います。

|

« 保守主義 | トップページ | 裁判員制度の裁判 »

コメント

通りすがりで失礼します。

民主党は、2020年までにCO2排出量を1990年比25%削減するとしています。
マニフェストには高速道路無料化、暫定税率廃止のほか、地球温暖化対策税の導入についても書かれています。
目標を達成するためには、自動車利用者にとって、高速道路無料化、暫定税率廃止と引き換えに、地球温暖化対策税による今まで以上の負担が必要となります。
仮に増税になっても、マニフェストに記載されていますから言い訳ができますね。
また、首都高速、阪神高速などの渋滞路線は有料のまま存置するとしています。

一方、高速道路一律1000円は、何の前準備もなく導入されました。土日限定としたのも交通実態を考慮したものではなく、単なるバラマキで大衆受けにすぎません。そのせいで、各地で渋滞が多発し、CO2排出量の増大といった弊害が出ています。その対策は何も打ち出していません。
民主党は、自民党のこの施策を反面教師にすべきですね。

投稿: 通りすがり | 2009年8月15日 (土) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/45929580

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争責任:

« 保守主義 | トップページ | 裁判員制度の裁判 »