« 台風18号とダム貯水 | トップページ | 広島市と長崎市による2020年オリンピック招致検討委員会 »

2009年10月10日 (土)

橋下知事メール事件(紀の川大堰)

このニュースは、私には、どう考えても、大阪府職員の方が正しく、知事をリコールするのが正当に思えます。

朝日 関西 「物言いが非常識だ」橋下氏、職員の反論メールに激怒

Fifty(J-CAST)ニュースに、詳しく出ていました。

Fityニュース 10月9日 橋下知事に「『お前』メール」 府職員に100人もいる!

1) 知事の対応

知事は、処分を検討するように指示したとのことですが、明らかに行き過ぎであり、不当行為であります。何らかの処分を知事がするなら、この職員は裁判で戦って欲しいと思います。アホ弁護士の知事だから、裁判すれば、勝てると思います。光市事件弁護団も勝っています。(参考)そして、大阪府民には、知事のリコールに動いて欲しいと思います。これぐらいやったって、知事を首にならないとか、弁護士資格を剥奪されないなんて考えるのは、酷いと思います。

民間企業であれば、こんな上司は直ぐに左遷です。民間企業に勤めたことがない知事は、無茶苦茶言っております。民間企業なら、もっとも重要なことは、お互いの信頼関係です。役所でも、全く同様です。

約380億円の大阪府の税金が無駄になることについては、府民に説明すべきであり、職員に当たり散らして、方向がまるで違います。もっとも、他にも変なタレント知事が、どっさり存在しますが、タレント知事がバカなことをすれば、リコールをしたい。

2) 紀の川大堰

Yahoo地図で示します。和歌山市内で、紀ノ川の河口から6km程あがったあたりで、JR阪和線の橋梁の少し下流です。

堰とダムの違いは、本質は同じで、建設地箇所が下流であって、高さが低く、多くの場合は、取水をする箇所に設置されているのが、堰です。

平成21年度末の完成予定ですが、本体は完成しており、使っています。ここが国土交通省和歌山河川国道事務所のホームページで、その事業の経緯に、「平成16年10月 試験湛水実施・暫定運用開始(継続中)」と書いてあります。残っているあるいは施工中の工事は、河道の掘削や、JR橋梁の架替など関連工事です。

国交省のWebでは確認できていませんが、報道にある総事業費1028億円の大部分は支出済みと思います。完成してから、大阪府は、不要ですと手のひらを返したと言うわけです。しかも、自分の川の水ではない、隣の和歌山県の水を頂くプロジェクトです。国土交通省和歌山河川国道事務所のこのページには、「しかし近年、渇水が頻発しており、平成2年、6年、7年とあいついで発生した渇水では深刻な水不足が生じました。特に平成6年の渇水では海南市域で断水が生じるなど、国民生活及び社会経済活動に甚大な影響を及ぼしています。」だから、紀の川大堰が必要で、貢献すると書いてあります。和歌山県に、水が余っているわけではないのです。大阪府に回すより、川の水は下流に流すのが自然の姿です。和歌山市や海南市の紀ノ川の水を昔から使っておられた人々が、川の水を使用する権利を保有しているのです。

知事は、大阪府民のみならず、和歌山県民にも深く頭を下げるべきです。そして、国交省の事業ですから、政府の税金が投入されています。日本国民全員に頭を下げるべきです。

まるで、方向が違っているアホ知事の見本。でも、他府県の人は、リコールができないから悲しいです。

追記

上のYahoo地図で、航空写真を選び、縮尺を拡大していくと、完成している紀の川大堰を見ることができます。完成している公共事業への参加中止の問題も含め、大型公共事業の進め方について、これを機会に検討をすべきだと思います。そのような調査を実施し、報告書を公開すべきと思います。運輸事故調査委員会のように事故だけが対象ではなく、公共工事を国民の為に進めるための監視機関の必要性を感じます。

|

« 台風18号とダム貯水 | トップページ | 広島市と長崎市による2020年オリンピック招致検討委員会 »

コメント

なんと罵倒されようと、申し訳ないです。 

 治水と利水は基本的に、堤防の水の管理がことなります。多目的などできません。治水ですと、堰は、空にしておく必要があります。利水では、極力ためる必要があります。 このように相反する使用法となります。 利水は、明治政府以前からの水利権という問題があります。双方で、主張しています。

 水の使用は、農業用水と生活用水に分けられます。農業用水は絶対的権利先となります。 農業用水の水利権を売買できれば、少しは、生活用水へまわせます。が、国土交通省は、水利権は国にあると主張しています。農業用水の水利権を国にあると認めれば、以後絶対に水利権を主張できなくなりますので、譲れないところででもあります。 

農業用水があまっているなら、水利権として、買えばいいのですが、国が認めない以上は、用水用として作り続けなけばなりません。

中西準子氏 http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak486_490.html#490-A
 http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak491_495.html#491-A

水利権まで切り込む必要があります。

投稿: omizo | 2009年10月12日 (月) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/46443101

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下知事メール事件(紀の川大堰):

« 台風18号とダム貯水 | トップページ | 広島市と長崎市による2020年オリンピック招致検討委員会 »