« デフレ対策 | トップページ | 次世代スパコン »

2009年12月 2日 (水)

北海道新聞の記事

次のニュースがありました。

日経 12月1日 外務省元局長「沖縄密約」認める 東京地裁で証言

証言をされた吉野氏の密約に関しては、2007年7月18日に外交交渉 西山事件で私も書いていますが、その時にリンクを張って紹介した北海道新聞の次の記事は、今でもWebにあります。約3年10月前の報道でした。

2006/02/08(水)朝刊 1971年 沖縄返還協定 「米との密約あった」 佐藤首相判断で400万ドル肩代わり 外務省元局長が認める

沖縄の祖国復帰の見返りに、本来米国が支払うべき土地の復元費用を、日本が肩代わりしたのではないかとされる一九七一年署名の沖縄返還協定について、当時、外務省アメリカ局長として対米交渉にあたった吉野文六氏(87)=横浜市在住=は、七日までの北海道新聞の取材に「復元費用四百万ドル(当時の換算で約十億円)は、日本が肩代わりしたものだ」と政府関係者として初めて日本の負担を認めた。

日経の記事は、「吉野氏は報道機関などに密約の存在を認めてきたが、偽証罪の制裁のある法廷の発言は重い。」と書いていますが、報道機関自らが、そう言ってしまうと、「そんな軽い取材をされているのですか」と思わせてしまいます。しかし、この毎日のニュースな言葉には、「西山太吉記者が71年5、6月、これを前提としたやり取りを含む極秘電信文3通を入手、一部を報道した。」とあるので、1971年に報道をしたのでしょうが、それを報道機関としての勝利に導けなかった。

|

« デフレ対策 | トップページ | 次世代スパコン »

コメント

沖縄県って琉球諸島と周辺諸島が日本に返還されて、日本は莫大な経済水域が返還された事に比べれば些細な事なのです。

沖縄県は東アジアの地政学的要衝で最も重要なのです。

だけどあるだけでは、価値が無いので、日本は原子力大型海底好物採取潜水戦を開発して、海底資源の採取と、沖ノ鳥島埋め立て開発臨海原子力精錬所を建設してレアメタルの大量活用をするべきです。
鳩山の一九九〇年基準の25%の温室効果ガス削減は、二〇〇九年の温室効果ガス30%削減ですから、製鉄産業だって立地できなくなるでしょうね。代替超合金産業が日本には必要なのです。
鳩山の思想は、青き清浄なる世界のために!友愛カルト なのでしょうね。
http://www.youtube.com/watch?v=IxeLG3-qW8E&feature=PlayList&p=BDA7EA7E80AC2CC7&playnext=1&playnext_from=PL&index=22

投稿: takubo | 2009年12月 4日 (金) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/46914273

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新聞の記事:

» 沖縄密約文書公開請求訴訟、核心の証人尋問 [アズキナコもち!]
以前、東京へ傍聴に行った裁判(沖縄密約文書開示請求訴訟)、本日核心的な証人尋問が行われました。 以下、各社ネット記事(画期的だと思うので、0時現在、UPされている記事を、だーーー!っと載せます) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 毎日.jpより 日米密約:「歴史歪曲は国民の損失」吉野さん声詰まらせ  「過去の歴史を歪(わい)曲(きょく)するのは、国民のためにならない」。1日、沖縄返還の日米交渉を巡る密約の存在を初めて法廷の場で明言した元外務省アメリカ局長、吉野文六さん(91)は、これ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 01時20分

« デフレ対策 | トップページ | 次世代スパコン »