« 尖閣映像U-Tube流出関連 | トップページ | 裁判員裁判での重大事件 »

2010年11月18日 (木)

GDPの分析から見る日本経済

11月15日に2010年7~9月期の四半期GDPの発表がありました。

日経 11月15日 7~9月期実質GDP、年率3.9%増 耐久財が11.1%増

内閣府の発表はここ(pdf)にあります。

1) 四半期GDPのグラフ

2000年以降の四半期GDPの推移のチャートを書きました。

Jgdp201011a

ほとんど変化がありません。常に10-12月が名目では増加するので、デフレ影響を取り除いた実質の季節調整を行ったチャートを見てみます。

Jgdp201011b

2009年1-3月をボトムとして輸出拡大により回復していることが覗えます。それでも、この10年間の増加は、たったの9%です。

2) 1980年移行のGDPの推移

1980年から30年間のGDPの推移を見てみました。なお、支出サイドからではなく、産業分野別の付加価値をベースとしたチャートにしました。産業分野別のGDPデータは国民経済計算確報に記載されており、2008年が最新データとなります。

Jgdp201011c

1997年までは、マイナスになることはなかったことが分かります。1998年からは、ほぼ水平になりました。解りつらいので、1990年を1.0としてチャートを書きました。すると、産業部門により相当の差があることが分かります。

Jgdp201011d

繊維と鉱業は、1990年から始まり、今や1990年の40%以下です。

3) 2004年からの5年間分析

2004年から2008年について同じチャートを作りました。

Jgdp201011e

日本経済は閉塞状況と言われますが、産業によっては、決してそんなことはありません。このチャートでは、金額は掴めないので、2004年から2008年への各産業の付加価値増加額でチャートを作りました。(減少の場合は、マイナスにしています、)

Jgdp201011f

産業分類は日本のSNAにおける経済活動別分類ですが、GDP(付加価値)とは、その産業の販売額と仕入額の差であり、利益、人件費、固定資産の減価償却費の合計額と思って、ほぼ大丈夫です。従い、大きければ、雇用の力も大きいと言えます。ところで、上のチャートは名目GDPの増加額なので、過去5年において雇用増加が可能であった産業が上にあります。一方、下の方は雇用を縮小せざるを得なかった産業です。

成長産業とは何かをよく考え、成長産業を伸ばしていくことが重要と思います。

|

« 尖閣映像U-Tube流出関連 | トップページ | 裁判員裁判での重大事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/50060302

この記事へのトラックバック一覧です: GDPの分析から見る日本経済:

« 尖閣映像U-Tube流出関連 | トップページ | 裁判員裁判での重大事件 »