« 2011年度税制改正大綱 | トップページ | 参議院の選挙制度改革 »

2010年12月20日 (月)

今後の政局

無責任なつぶやきです。小沢氏と菅民主党代表の会談結果も、実は予想通りだったんですよね。

日経 12月20日 首相「協力すると言った」 小沢氏「冷静に冷静に」 政倫審出席、堂々巡りの密室90分

これで小沢氏一派は、12月31日までに新党を立ち上げるのだと思います。そうすれば、1月1日に衆議院議員と参議院議員合計で5名以上の政党が存在するので、政党助成金を受け取ることができる。仲間とチルドレンが集まれば、簡単なこと。政党助成法とは、デタラメ法もいいとこのような気がします。議員活動助成法に変更すべきと思います。

次に、小沢氏の証人喚問ですが、小沢氏が抜けた民主党も反対に回れないだろうと思うのですが、あり得るのは小沢新党が、証人喚問に賛成すれば、内閣不信任を出すと、脅かすことであろうが、どうなるのでしょうが?所詮、ヤクザの出入りの感がします。

無責任なつぶやきでした。

|

« 2011年度税制改正大綱 | トップページ | 参議院の選挙制度改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/50354916

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の政局:

« 2011年度税制改正大綱 | トップページ | 参議院の選挙制度改革 »