« 小沢一郎問題 | トップページ | プロ・スポーツが公益事業とは根本的におかしい »

2011年2月 2日 (水)

バラマキに反対論を述べた朝日新聞

バラマキが横行すると、さすがの朝日新聞も反対論を述べ始めたと思いました。

朝日新聞社説 2月2日 主婦の年金―この不公平は許されない

ここまでバラマキをされるとモラルも何もありゃしないですが、そのバラマキ政策とは次の政府の対応です。

朝日 2月1日 年金切り替え漏れ数十万人=夫が脱サラ、退職の専業主婦―救済策周知へ、年金機構

掛け金を払わずとも、年金が受給できるなんて、多くの人にとっては信じられないことです。もし、100万人が対象だとし、掛け金を払っていない期間が20年であるとすると、一人あたり360万円、100万人で合計3兆6千億円になります。但し、運用利息を考えると、年率3.5%とした場合には、一人当たり5,124千円となり、100万人合計で5兆円を超えます。

信じられないバラマキ金額です。もし、年金の掛け金を払っていない人を救済するのであれば、払った掛け金に見合った年金を支払うこととすれば良いのです。掛け金の支払期間が25年より短くても、救済すべき理由があれば、支払った掛け金額に応じた年金を支払うべきと考えます。

もし、このバラマキ政策を実施したら、正規に支払っている人の年金が5兆円の減額となるかあるいは、5兆円の増税になるのですから、恐ろしいことです。

|

« 小沢一郎問題 | トップページ | プロ・スポーツが公益事業とは根本的におかしい »

コメント

記事のリンク先はパーマネントリンクにした方がいいですよ。

朝日新聞社説 2月2日 主婦の年金―この不公平は許されない
http://www.asahi.com/paper/editorial20110202.html#Edit1

投稿: かもめ | 2011年2月 3日 (木) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/50760530

この記事へのトラックバック一覧です: バラマキに反対論を述べた朝日新聞:

« 小沢一郎問題 | トップページ | プロ・スポーツが公益事業とは根本的におかしい »