« 計画停電の改善必要 | トップページ | 太陽光発電は、計画停電に有効か »

2011年3月16日 (水)

福島原子力発電所トラブル

福島第一原子力発電所の事故・トラブルの解決・解消にむけて、日夜尽力されておられる方々に感謝と激励を述べさせていただきます。

現場には核燃料から放出される放射能があり、事故が疑われる場所に出向いて、調査・確認ができず、様々な困難を伴う。しかし、発生した以上はそれを克服せねばならず。苦労がつきまとうと思います。今回の事故の直接の原因は地震の揺れよりも、地震により引き起こされた津波であったと思います。

日経 3月13日 東電社長「非常用電源、津波で機能せず」 福島第1原発

本日の天漢日乗サンのブログは、福島原子力発電所について津波の危険性を共産党吉井英勝衆院議員が2006年3月1日の予算委員会第七分科会で取り上げ、質問をしていたと書いておられます。

天漢日乗さんのブログ 3月16日 福島第一第二原発事故を予見していた・・・・

この質問に対する政府の回答が、正面から捕らえての回答であるか疑問がありますが、基本的には問題なしと回答としたと了解します。

はたして、チリ級の津波への対応が考慮されていなかったのか。現時点での中途半端な回答ではなく、現在のトラブルが解決・解消した後に、詳細な報告書が出され、検証されるべきと考えます。おそらく、考慮はされていたと思います。それが、正しかったか、あるいは正しいと信じるべき相当の理由があったのかがポイントと思います。

今回の地震においては、津波の後、原子力発電所の生命線であるディーゼル発電機が全て稼働しなくなった。その原因は、何であったか。対策は何故有効でなかったか。更には、外部からの発電機の運搬・設置に、時間を要しすぎていないか、容量は適切であったか等についても検証されるべきと思います。もしかしたら、緊急事態として、自衛隊の発電機をヘリコプターでも輸送すれば、間に合ったのか、極端ですが、そのようなことも将来のためには、検証されるべきと思います。

事故のデータとは、貴重な財産です。事故結果を将来に生かせることができるかどうかは、未来の発展と大きな関わりがあるはずです。広く言えば、原子力政策はどうあるべきか、軽水炉、MOX燃料、高速増殖炉、使用済み核燃料、放射性破棄物、トリウム炉、温暖化ガス、化石燃料等様々な課題も関連すると思います。工学的な面のみならず、例えば、その中には、政府の組織問題もあると思います。即ち、原子力安全・保安院が原子力を推進する方向に向かって動いて適切な経済産業省の中にあって良いのかも、そうであると思います。日本の政府の組織に、府省に属さない独立した委員会は会計検査院とか公正取引委員会とか少なすぎるように思います。

|

« 計画停電の改善必要 | トップページ | 太陽光発電は、計画停電に有効か »

コメント

面白い情報でした。情報提供ありがとう御座います。
この件については、大前研一氏が興味深い発言をしています。
非常に平易な言葉を用いてますが、かなり核心を突いているのでは?と思いました。
http://www.youtube.com/watch?v=U8VHmiM8-AQ
視聴する時間があればご意見を伺いたいと思います。

投稿: うまそう | 2011年3月17日 (木) 00時40分

うまそうサン

コメントありがとうございます。ご紹介があった大前研一氏の発言を、全ては視聴できていませんが、興味ある点をついておられる部分があると思いました。

今、復興のために税金を投入せねばならない。国債発行を更に追加せざるを得ないのであるが、やはり、1000円高速と無料高速は廃止すべきだと私は思います。被災地の人にとっては、余りメリットもなく、1000円高速廃止で、資金を少しは確保できる。東北地方での高速を含め道路復旧は必要ですから。なお、ETC割引は継続すればよいと思います。

投稿: ある経営コンサルタント | 2011年3月18日 (金) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/51138044

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原子力発電所トラブル:

« 計画停電の改善必要 | トップページ | 太陽光発電は、計画停電に有効か »