« 規制仕分けとは、よく分からない | トップページ | 嘘も方便は、まずいですね »

2011年3月 9日 (水)

混乱だけの主婦年金救済

3号被保険者の不整合記録問題は、国民の利益を離れ、解決に向かうのではなく、政争の道具にしかなっていないと思います。様々な報道があり、何がどうなのか全く解らないとしか言いようがない状態と思えるが、その中で、朝日の報道のリンクを、あげておきます。

朝日 3月9日 主婦年金で厚労相陳謝 新救済策に野党側「国会軽視」

1) 年金機構を解体して社会保険庁と歳入庁をつくるべし

日本年金機構と言っても、多くの人にとっては、年金特別便を送付してくる組織ぐらいの感覚です。何故なら、国民年金の加入手続きは市区町村の年金担当窓口で行う(参考:この年金機構のQ.0118の答え)し、厚生年金や共済組合の場合は、勤務先の会社や役所で申請を行うからです。受給の際は、郵便でのやりとりだし、払われる時は、銀行振り込みです。

3号被保険者の不整合記録問題が、発生した一番の理由は、法律の不備だと思います。管理について適切に定めていない法律を作り、社会保険庁を解体して、特殊法人の日本年金機構(通常、単に年金機構と呼ばれています。)を作ったのです。特殊法人とは、一般の株式会社のように会社法のような法人に関する法律により設立されたのではなく、その法人のためだけに法律が作成され、設立される。従い、その法人には定款がありません。日本年金機構法に定められているので、定款を作ると矛盾が生じる。

年金機構の最大の問題点と思うのは、日本年金機構法第1条、第2条で、政府管掌年金事業に関する業務等を行い、政府管掌年金の国民の信頼の確保を図ることが書かれているが、実は、政府管掌年金とは厚生年金と国民年金のことであり、国家公務員共済、地方公務員共済、私学共済(共済組合)は、含まれていません。

主婦年金(3号被保険者不整合記録)問題は、共済組合に加入している場合も、発生しているのです。そもそも、日本の年金は、誰が全体を管理しているか、訳が分からない状態です。社会保険庁は、厚生労働省であったので、社会保険庁が事務面では管理すべきと言えたと思います。しかし、今は、無茶苦茶と思います。

共済組合が年金機構から外れているのは、多くの共済組合があり、利権構造が複雑であるからかも知れません。国家公務員共済は各府省ごと、衆議院、参議院、裁判所、会計検査院等にあり、全部で20近く組合があると理解します。地方公務員共済は64組合あり、私学共済は特殊法人の日本私立学校振興・共済事業団(文部科学省監督)です。この状態で、3号被保険者が管理できるとは、思えない。できるとすれば、番号制を導入して、その上で、厚生労働省社会保険事務所が役所として、管理することと思います。

本質を正さずして、パッチワークで国民を誤魔化すことに反対します。

2) 3月8日の年金業務監視委員会の意見書

3月8日付け総務省大臣宛の年金業務監視委員会の意見書は、次のように述べています。

「運用3号」の適用を受けることを申し出た者のうち、裁定未了の者については、「運用3号」の適用を行わず、正規の種別変更を行うこととし、既に裁定済みの者についても裁定の取消等の措置を検討すべきである。

現に年金を受給している裁定済みの者については検討すべきであるとして、逃げてしまったりであるが、次のようなことを考えてしまう。

a) 裁定済みで実際には3号に該当しないにも拘わらず保険料を納付せずに、年金を受領している人に年金の返還を求めるのか?求めた場合の問題と、求めない場合の、裁定前の人との間で不公平が生じないか?個人名は不要であるが、裁定済みで問題ある人が何人いて、何故そのようなことが発生したかの情報が、適切な開示が妨げられることはないか?
b) 制度の欠陥、厚生省、社保庁、年金機構、自治省、文部省、その他共済組合を管轄する府省の行政上のミスについて適切な追求がなされるか?
c) 年金機構の業務範囲を超える国家公務員共済、地方公務員共済、私学共済における不整合記録問題は、誰が解決するか?(3号被保険者とは2号被保険者の配偶者である。その2号被保険者の年金記録から、不整合記録の調査が可能である。共済組合については、年金機構は業務範囲外であり手が出せない。誰が、調査をするか?有効な方法とは何か?

3) 根本的な解決を求める

民主党とは何であったのだろうかと思う。税方式による基礎年金を構築すると言っていたように思うが、全く何もしない。歳入庁構想も示していた。それらは、政権を取るための口からの出まかせで、政権についたら何もしないのだろうか。国民のために自らの人生を掛けて、貢献する人を選ぶことができる選挙制度が作られるのがよいと思うが、道は、なかなか遠いだろうなと思う。しかし、そんな人を応援したいと思う。

|

« 規制仕分けとは、よく分からない | トップページ | 嘘も方便は、まずいですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/51077759

この記事へのトラックバック一覧です: 混乱だけの主婦年金救済:

» 主婦年金問題は矛盾や不公平感の塊になってしまっているわけです。 [ミツオ先週じゃなくて今日の話]
そもそも何のための年金なのかということから考えると大きくずれまくっちゃったなというのが今回の主婦年金問題。救済措置といったら聞こえがいいけど、自分の懐は傷まないからこんな救済措置を掲げるんだななんて思っている人多いはず。そんな中で違法論なんかも出てきちゃって、もう大変。違反じゃなくて不適切・・・・あー最後の最後まで素直じゃない人っていますよね。こういう言い方すると火に油注ぐように怒りがこみ上げちゃうのが世論なんじゃないかと。長妻氏については責任追及しないとか?長妻前厚労相がもう辞めちゃっているから今... [続きを読む]

受信: 2011年3月10日 (木) 13時39分

« 規制仕分けとは、よく分からない | トップページ | 嘘も方便は、まずいですね »