« 日本電力市場自由化の推進 | トップページ | 海水注入中断にはガバナンス欠如あり »

2011年5月21日 (土)

東京電力1.2兆円損失の決算発表

東京電力が、2011年3月期の決算発表として連結損失1兆2473億円(単独1兆2585億円)を発表した。

1) 巨額赤字

金融機関を除いて日本企業の過去最大の赤字と報道されている。(例えば、この日経)しかし、私が調べた限りでは、1兆円を超える赤字計上の金融機関の決算が分からない。いずれにせよ、1兆円とは、売上高でもこれを超える企業は、超大企業である。参考まで、現在のメガバンクになる前に、各銀行は、不良債権処理で、平成9年度または10年度に巨額の赤字を計上した。その時でさえ、次の表の通りであり、赤字額は1兆円に届かなかった。(表の最下段の東京三菱銀行の数字を除き、全て連結純損失です。)

Megabank20115

2) 損失1兆2473億円の内容

福島第一原子力発電所事故による賠償金支払いに関する損失は、一切含まれていない。主要因は、災害特別損失1兆205億円と繰延税金資産取崩しにより法人税等調整額が4600億円になったことである。災害特別損失1兆205億円の内訳は次の通りである。

Tepco1f20113b

3) キャッシュフロー(賠償金支払い能力)

現金預金は、単独貸借対照表で1年前の771億円から2兆1344億円へと、2兆億円強増加している。増加した要因には、2010年9月の増資による4468億円のうちで投融資への未充当額が4000億円強ある(このプレスリリース)。また、長期借入金が、連結ベースで返済が3573億円に対して、借入実行が2兆766億円あり、借入金の増加がある。(参考このプレスリリース

一方、災害特別損失1兆205億円のなかで、現金支出が伴っていない損失がほとんどである。災害損失引当金が1年前の928億円から8317億円へと約7400億円増加しているが、今後支出が伴うはず。火力発電所の復旧工事や夏のピーク電源対策としてのガスタービン発電機の建設工事の支出も今後ある。従い、原発事故の対策・対応や地震復旧、夏場電源への設備投資で、相当な金額のキャッシュフローが、これから必要であると思う。

決算説明資料の26ページに社債償還予定額の表があり、2011年度5489億円、2012年度7479億円、2013年度5855億円・・・・・と社債償還が毎年ある。

福島第一原子力発電所事故による賠償金支払いは、幾らまで可能か、官房長官が言うほど、簡単とは思えない。実は、東京電力も今回の決算発表で、「現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。」と述べている。(例えば、これ

首相他は、東京電力に全てを押しつけようとしている。しかし、それで市場経済の下で、成立可能か、大きな疑問があると思う。政府が、政府としての役割を果たさないと、結果的には高いコストとなり、高い電気料金と税金が国民の負担になることを忘れてはならない。

現内閣は、経済音痴の塊と思えて仕方ないのである。選挙の票より、国民の幸せが重要であることを忘れてはならない。13日に発表された政府支援の枠組みは、評判が悪いと私は思っているが、この5月20日ダイヤモンドOnlineの記事 独自入手の極秘資料が暴く国民欺く東電賠償スキーム に編集部が独自に入手した内部資料としての財務状況のシミュレーションが掲載されている。それを見ると驚くなかれ、東京電力の賠償債務として8兆円が負債計上され、同時に機構宛の債権8兆円が計上されている。「機構は、原子力損害賠償のために資金が必要な原子力事業者に対し援助(資金の交付、資本充実等)を行う。」とのことで、東京電力から見れば債権が立てられると考えているのであろうが、「機構から援助を受けた場合、毎年の事業収益等を踏まえて設定される特別な負担金の支払を行う。」という条件であり、実質上返済義務があると考えられる。政府は負担しない案であるから、全額の返済義務を負っていないと政府負担が生じるはずである。

なお、8兆円という数字があったので、東京電力の需要家が8兆円を10年間負担する場合を計算するとkWhあたり2.76円高くなる。20年間なら、その1/2の1.38円となる。高くなることだけは、確実である。恐ろしいのは、不合理な状態を作り出して、不必要に高くなってしまうことである。合理的な運営ルールが重要であり、自由化の推進であり、市場競争の拡大である。そして、原子力は、別体制にして、国民の管理下に置くことであると考える。

|

« 日本電力市場自由化の推進 | トップページ | 海水注入中断にはガバナンス欠如あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/51725359

この記事へのトラックバック一覧です: 東京電力1.2兆円損失の決算発表:

« 日本電力市場自由化の推進 | トップページ | 海水注入中断にはガバナンス欠如あり »