« オリンパス事件でFBIが捜査開始 | トップページ | 原子力事故を官邸が独断 »

2011年10月31日 (月)

問題は広がるばかりのオリンパス

会計ニュースコレクターさんのブログで知ったのですが、次のウォール・ストリート・ジャーナルによれば、2008年のアルティス、NEWS CHEF、ヒューマラボの3社の高値での企業買収で、アルティスとヒューマラボは株主がケイマン島の法人だとして、ケイマン島に送金をしているようです。

WSJ 10月28日 オリンパス、5件目の買収案件が浮上 (・・・・アルティスとヒューマラボは、「ネオ・ストラテジック・ベンチャー」と称する法人から08年3月に買収された。記録によると、この名前の企業は2000年にケイマン諸島で設立され、08年9月に解散している。 ・・・・

WSJ OCTOBER 28, 2011 Olympus Paid Cayman Firms ・・・・According to the 2009 internal report, the largest stakes in Altis and Humalabo were purchased from an entity named Neo Strategic Venture LP in March 2008. A company by that name was formed in the Caymans in 2000, and dissolved in September 2008, records show.・・・・・

ウォール・ストリート・ジャーナルを読んでいると、多くの会社名が出てきて、頭が混乱しそうになります。疑惑の塊に思える。

日本の会社の株主が外国企業であることに問題はない。しかし、高値で企業買収をして、その買収代金をケイマン島に送金したら、理路整然とした説明がなければ、疑惑だらけになる。

ケイマン島についてのWSJの記事での説明は、

ケイマン諸島は、機密保持と税制面での有利さを求める国際企業によって利用されることが多い。登記している企業に関してほとんど情報を公開していないことが一因だ。

The Cayman Islands, an offshore financial center in the Caribbean Sea, is often used by international companies seeking secrecy and tax-friendly policies, in part because it publicly discloses little information about companies registered there.

オリンパスは、日本企業であり、日本の会社法による特別背任を含めた会社法の定めと、上場していることによる金融商品取引法の定めが適用され、隠し通すことは無理だと思います。疑惑は、まだまだ、深まっていくのでしょうか?

|

« オリンパス事件でFBIが捜査開始 | トップページ | 原子力事故を官邸が独断 »

コメント

オリンパスでググっていて偶然たどり着きました。
今日になって有価証券類含損を処理する為のカラクりだったと現社長の報告がありましたね?
私にはどうも三人の責任にして(本人達も了解済みの)幕引きを謀ってるように見えてなりません。
自分達が腹を切れば、これ以上の追求はないと。

投稿: 爺 | 2011年11月 8日 (火) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/53125177

この記事へのトラックバック一覧です: 問題は広がるばかりのオリンパス:

« オリンパス事件でFBIが捜査開始 | トップページ | 原子力事故を官邸が独断 »