« 高齢者・低所得者の医療と負担 | トップページ | 練馬光が丘病院についての区長の言葉 »

2012年6月 4日 (月)

大飯原子力発電所稼働開始への動きについて

ずるずると訳の分からないままに事が進むようで、嫌な気がします。最も重要である国民に対する説明が、ほとんどないように思えるからです。

読売 6月3日 大飯再稼働で原発相、4日に福井知事と会談

1) 停電は回避可能か

回避できる可能性は高くなる。しかし、絶対ではない。関西電力が4月23日に発表した今夏の電力需給見通しは、平年並みの暑さで、需要3,030万kWに対し供給力2,535万kWであり、495万kW不足する見通しである。大飯原発3号、4号は各118万kWなので合計236万kWとなる。これでは、259万kW不足するが、揚水発電と一般水力のピーク運転を増加して停電を回避することは可能かも知れない。需要者の協力を得て、節電とピークシフトで回避可能とも思える。

なお、計画停電は準備しておくべきである。鉄道、病院、信号機、給水関係等供給を継続すべき供給先は存在する。供給継続のためには、どのようなルートで送電・配電をするかをあらかじめ計画しておく必要がある。

いずれにせよ、正確な情報が発信されねばならない。

2) 稼働に何故1月以上も要するのか

日経 6月1日 大飯フル稼働、7月中旬以降の見方 経産相は、大臣が関西電力大飯原子力発電所3、4号機がフル稼働する時期は「7月を越えると認識している」と語ったと伝えている。

関西電力の6月1日プレスリリース(これ)には、原子力発電所における運営状況として、大飯原発3号は「当初平成23年7月中旬定期検査終了予定」と1年近く前の日程が書かれている。

現在大飯原発3号、4号が、どのような状態にあるか情報開示がないが、運転を開始すると直ちにフル稼働に入るのである。2010年の定検終了後の運転を伝えるこの関西電力2010年5月25日は、大飯原発4号は5月26日に原子炉を起動し、27日に臨海に達する予定と述べている。そして、この関西電力6月23日で、5月28日からの調整運転は、6月23日15時10分、経済産業省の最終検査が終了し、本格運転を再開したと述べている。ところで、調整運転と本格運転の差は経済産業省の最終検査が終了しているかどうかであり、全く同じフル稼働なのです。

7月中旬以降のフル稼働とは、調整運転のことか、本格運転のことか不明です。

情報開示をしない経済産業大臣は直ちに辞任せよと言いたい。この5月22日大臣記者会見を読むと、少し前なのに、今と全く逆のことを行っていると感じる。

3) 原子力委員会設置法

福島原発事故で最も反省すべき点は、首相の介入を阻止し、国民のために働く専門家を選任することである。本来であれば、そのような組織を立ち上げ、信頼すべき人達の意見を聞いて、すすめるべきはず。今のような、素人の大臣が決定するような状態は一刻も早く脱したい。

自民党が国会に提出した原子力規制委員会設置法案はここにあるが、内閣提出のこの環境省に設置する法案は、とんでもない不合格の案である。

政権交代とは、政治家、代議士、議員と呼ばれる人達が、いかに無能力であり、国民のためを思っていないかを証明していくれたと考える。

|

« 高齢者・低所得者の医療と負担 | トップページ | 練馬光が丘病院についての区長の言葉 »

コメント

真偽は判りませんが、、、。

核分裂反応を始めれば、臨界に達するのに、多くの日数は要らない筈です。
ただ、最後の点検から時間が経過している関係上、核分裂反応を開始する前の、「改めて行う稼働前点検に時間がかかる」という話を(報道で)聞いています。

炉心部の問題と言うより、補機類・タービン系、各次冷却系の配管系の点検等を、改めて行う予定で、1機について3週間程。稼働前の点検に使う外部設備の関係上、2機同時の作業は出来ないので、3週間*2と耳にしています。

一応、この程度の情報は流れているのですが、実際のところはよく判りません。

私見としては、「2機が揃ってフル出力するまで、6週間」という言われ方ですし、調整運転中は発電をして送電をするというのが前提ですので、「調整運転に入るまで3週間×2」と認識してはいるのですが。。。

投稿: 秘匿希望。 | 2012年6月 4日 (月) 09時37分

秘匿希望。さん

コメントありがとうございます。

書いていただいたコメントは、正しいと思います。

一方、最初のうちは点検等があり、3週間後に臨界に入るのであれば、臨界に入るまでは、中止が可能と思うのです。燃料の装荷をした後でも、燃料を元に戻せるのではないか。仮に今週運転を決定しても、意見を聞いて、○月○日に最終決定をするというオプションは、あり得ないのかと思います。

数月運転して、停止するのは、あり得ないオプションではないが、そんなことを考えて設計されていないはず。運転を開始したら次の定期点検まで運転継続する方が、安全かも知れない。

このあたり、情報開示の問題と思いますが、国民をないがしろにしすぎと思うのです。このような問題を政治家が正確に答えられるとは思いません。国民が信頼できる専門家というのは、重要と考えます。

投稿: ある経営コンサルタント | 2012年6月 4日 (月) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/54871248

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原子力発電所稼働開始への動きについて:

« 高齢者・低所得者の医療と負担 | トップページ | 練馬光が丘病院についての区長の言葉 »