« 関西国際空港の株式は1株1円が適正か | トップページ | 原爆に関連する話 »

2012年8月 5日 (日)

国の責任

国の責任とは、何であるだろうかと思う。

福島原発事故について、責任は国と東京電力にあるという発言を、報道でよく耳にしたり読んだりする。また、政治家が「除染については、国が責任を持って、・・・」というような発言をする。

私にとっては、違和感を感じる発言である。原子力推進政策は、確かに日本政府のみならず国としての政策であったし、現在もそうであると考える。何故なら、原子力基本法に書かれていることは、原子力を推進することを基本政策としている。これをベースに、原子力関係の法が作られ、政策が実施されてきた。国民が選んだ国会議員が制定した法であり、日本において強制力を持っている。

国イコール国民が悪かったのか、では、悪かった部分を指摘せずにいることは、発展性の望みないと考える。従い、思考し、指摘する場合に、国という抽象的なあいまいな表現を使うと、結局は、それ以上に進まず、改善も改革も発展も期待できないと思う。

政治家が国という言葉を使う時は、ごまかしをしている時と、私は確信している。放射性物質の除染の場合を例にすれば、できないから、国が責任を持ってと言って、自らと政権の仲間達の責任をあいまいにすることを目的として発言していると思う。この発言の場合に、国民の税金をいくら投入しても、いくら増税になっても、実施しますと言うことと、実質同じはずである。税金を使っても実施すべきと思う。しかし、無制限ではない。合理的な基準で、国民が幸福になるように使うべきである。

8月になり、終戦の月に入った。「お国のために死んでいった。」との言葉は、実は、不幸なことである。国という価値のないもののために死んだともなるからである。国のためと招集されて戦死したとしても、国のために死んだというそんな単純なことではないと思う。

本日、オリンピックサッカーは、男女とも準決勝(Semi Final)に進んだ。うれしいことである。うまくいけば、決勝戦は女8月9日(日本時間10日3時45分)、男8月11日(日本時間23時)となる。国や愛国心を離れ、この男女チームのサポーターの一員になっているのだという感激である。できれば、女は決勝戦の直前、男は決勝戦の前日に行われる3位・4位決定戦でなく、この決勝戦での、金メダルをかけての戦いを見たいと思う。

|

« 関西国際空港の株式は1株1円が適正か | トップページ | 原爆に関連する話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/55352721

この記事へのトラックバック一覧です: 国の責任:

« 関西国際空港の株式は1株1円が適正か | トップページ | 原爆に関連する話 »