« 国民不在の総選挙? | トップページ | 小沢裁判無罪確定 »

2012年11月20日 (火)

今回のパレスチナとイスラエルの紛争の発端

和平合意しか解決がないのは余りにも明白であり、私のような外部の人間から見れば、和平への障害も乗り切れないのもではないと思えるのであるが。

日経 11月20日 ヒズボラ「ハマスに軍事協力を」 アラブ諸国向け ガザ空爆で反イスラエル活動を活発化

今回のイスラエルによる活発なガザ空爆とハマスによるイスラエルへのミサイル報復攻撃の応酬合戦の発端は、11月14日のイスラエル軍によるハマス軍事部門トップのアハメド・ジャバリ司令官のが乗っていた車を空爆しての殺害であった。

ロイター 11月15日 ハマス軍事部門トップを殺害、イスラエル軍がガザ空爆

この殺害の瞬間がYouTubeにありました。”IDF Pinpoint Strike on Ahmed Jabari, Head of Hamas Military Wing”というTitleです。IDFとは、 Israel Defense Forcesの略称です。

恐ろしいと思います。

|

« 国民不在の総選挙? | トップページ | 小沢裁判無罪確定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/56154134

この記事へのトラックバック一覧です: 今回のパレスチナとイスラエルの紛争の発端:

« 国民不在の総選挙? | トップページ | 小沢裁判無罪確定 »