« 後期高齢者医療制度を考える(その1) | トップページ | 後期高齢者医療制度を考える(その2) »

2013年5月 8日 (水)

川口順子が引き起こす異例中の異例事件

異例中の異例事件だと思いました。本日(5月8日)の参議院予算委員会が、与党の自民党と公明党議員の委員全員欠席の下、会議が行われた。安倍首相他は出席しており、審議は行われた。

日経 5月8日 与党、参院予算委異例の欠席 石井委員長が苦言

参議院予算委員会は開催されているので、参議院TVで見ることはできます。

自民・公明の欠席は、委員長である川口順子が4月25日の参議院環境委員会に出席せず中止となったことに対して、野党7党が川口順子の解任決議案を提出したことが原因である。

参議院は議席数では、与党より野党の方が多く、川口順子の解任は、自発的辞任がない限りは、成立するだろうと思うし、もし決議が行われれば、委員長でありながらの欠席であったことから、与党の中でも解任に賛成する議員がでるかも知れないと思う。

この人は、正しい判断をすることができない人であると思っていた。かつて、ブッシュ政権がイラク戦争をしようとする時に、真っ先に支持した好戦的な人と思っていましたが、単に正しい判断をすることができない人だったのかも知れないと思いました。

|

« 後期高齢者医療制度を考える(その1) | トップページ | 後期高齢者医療制度を考える(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/57338721

この記事へのトラックバック一覧です: 川口順子が引き起こす異例中の異例事件:

« 後期高齢者医療制度を考える(その1) | トップページ | 後期高齢者医療制度を考える(その2) »