« 再生可能エネルギーの証券化 | トップページ | 番号法の利用を考えよう »

2013年6月 6日 (木)

暴走党が似合うのかな

6月3日にこれを書いた時は、ここまで明確に述べるとは、思っていませんでした。

日経 6月6日 橋下氏、首相と会談 オスプレイの本州訓練を提案

この記事の中に、「受け入れ先として大阪府八尾市の八尾空港を提案した。」とあります。

八尾市の地元は、日経 6月3日 オスプレイ構想に反対 大阪・八尾市長が表明 にある通り、受け入れ反対と思います。結果、反対運動が拡大すると思うのです。維新の会の参議院選の得票増になるか減少になるかですが、少なくとも八尾市の人たちは、維新の会について、反対に投じると思いますし、他の地域でも、地元の意見を受け入れない政党であると思う人が多く出ると思うのです。

考えれば、昨年10月、維新の会に加わった人物を、暴走老人と例えた人がいました。暴走老人ばかりか、党全体が暴走党であるように思いました。

|

« 再生可能エネルギーの証券化 | トップページ | 番号法の利用を考えよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/57536919

この記事へのトラックバック一覧です: 暴走党が似合うのかな:

« 再生可能エネルギーの証券化 | トップページ | 番号法の利用を考えよう »