« 消費税8%・10%への増税にまじめに取り組むべき | トップページ | 憲法改正に関する政治家発言 »

2013年7月29日 (月)

JR東海リニア中央新幹線の電力消費および経済性(一部訂正)

6月22日にJR東海リニア中央新幹線の電力消費および経済性を書いたのですが、サトウ ススム さんから「超伝導磁石は車両に搭載でガイドレール側ではありません。」とコメントを頂き、私もよく調べなおしてみたのですが、サトウさんのご指摘が正しいと判断しました。

即ち、車両搭載の強力な磁石は超電導磁石であるが、地上側に設置する相手方の浮上・推進用のコイルは大気温度(実際には発熱により温度上昇する。)です。言ってみれば、永久磁石をRotorとして使い、Statorは三層交流とする同期電動機を考えれば、この同期発電機のRotorについては超電導磁石を利用する。何故なら、磁気浮上なので、大電力をRotor(車上)に供給できずないことも理由にあると思う。

一方、地上コイルへの電力供給は車両が走行する部分のみを車両速度に応じた推進用の移動磁界を発生することでよいので、地上コイルまで超伝導とすると、冷却のための大電力が必要となり設備とエネルギーの無駄になると理解する。

従い、エネルギー(電力)消費を新幹線のぞみと東京-名古屋間が比較すると次のようになった。但し、リニアの定員が不明であり、もしのぞみの半分等であれば、一人あたり乗員の電力消費はリニアの方が更に大きくなる。なお、

リニア: 270MWx40分/60分/5本=36MWh

のぞみ: 17MW x 50% x 100分/60分=14MWh

私の計算が正しいとは限らないが、傾向としてはあっていると思う。のぞみ改良型ぐらいも代案として、比較検討すべきであるというのが私の意見です。もしかしたら、のぞみ改良型でも余り変わらないのかも知れないが、情報開示はして欲しい。単に設備投資費用のみならず、運用時の費用やリスクファクターも考慮すべきであります。

|

« 消費税8%・10%への増税にまじめに取り組むべき | トップページ | 憲法改正に関する政治家発言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/57889883

この記事へのトラックバック一覧です: JR東海リニア中央新幹線の電力消費および経済性(一部訂正):

« 消費税8%・10%への増税にまじめに取り組むべき | トップページ | 憲法改正に関する政治家発言 »