« 都知事選での候補者による討論会 | トップページ | 小保方晴子研究ユニットリーダーによるSTAP細胞の研究 »

2014年1月30日 (木)

都知事選での候補者による討論会(2)

ようやく都知事選で候補者による討論会が開催された。

日経 1月30日 都知事選4候補が初討論会 五輪などテーマ

30日の午前中に収録され、午後の日本テレビの「news every」の中で放送された。

討論会の概要は、MSN産経ニュースにアップされておりここ(上)ここ(下)にある。討論会の候補者の評価や受け取り方は、それぞれだと思うが、開催されたことで、一歩前進したと私は評価する。どの候補も、程度の差はあるものの、福祉の充実については力説していたと思う。一方、財源との関係からは、どこまで可能なのかなとの疑問も感じてしまう。

都民からの直接の公開質問・回答の機会とか、さらに第2回目の討論会があればと思います。都政や国政を市民・国民に手が届く位置にあることにすることは重要だと思います。

|

« 都知事選での候補者による討論会 | トップページ | 小保方晴子研究ユニットリーダーによるSTAP細胞の研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/59039213

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選での候補者による討論会(2):

« 都知事選での候補者による討論会 | トップページ | 小保方晴子研究ユニットリーダーによるSTAP細胞の研究 »