« 一般人の教育委員会委員選任等への参加 | トップページ | クラウド コンピューターのリスクはどうなのか »

2014年2月25日 (火)

嫌なニュースか、希望のニュースか

次のニュースに接し、最初は嫌な気がしました。死刑制度に反対であるからでしょうか?

47NEWS 2月23日 袴田事件、刃物店員の証言誘導か 「本当は見覚えなかった」 

袴田事件のWikiは、ここ にあり、1966年に発生した強盗殺人放火事件で、1980年に死刑が確定し、再審請求を始めた時から、既に30年以上経過している。拘束されてからは、47年を経過している。

袴田死刑囚は第1回公判から起訴事実を否認している。人が人に刑罰を加えることの恐ろしさであり、50年近く前に発生した事件である。死刑により、我々が得られるモノは何であるのだろうかと、考えた時に、裁判での証言が、検察官の誘導であったとするニュースに接すると嫌な気持ちになってしまいました。

一方、「本当は見覚えがなかった。思っていることと違うことを証言した」と話をしているとするなら、それが真実なら、人間って希望がもてるのだと思いました。

私は、袴田事件のことを詳細に調べたのではないのですが、やはり、それだけこの事件は、袴田死刑囚が犯人と断定できない部分を持っているのだと思う。そして、死刑とは廃止すべき制度だと私は思う。オーム元幹部死刑囚の裁判での発言のニュースについての報道に接した時も、彼らは刑に服すべきだと考えるが、やはり人間であり、命まで奪うことはできないと私は思った。

|

« 一般人の教育委員会委員選任等への参加 | トップページ | クラウド コンピューターのリスクはどうなのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/59194307

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌なニュースか、希望のニュースか:

« 一般人の教育委員会委員選任等への参加 | トップページ | クラウド コンピューターのリスクはどうなのか »