« 8月下旬からの急激な円安からの脱却方法 | トップページ | 人口減少最大の地方自治体は? »

2014年10月 4日 (土)

タイの病院がエボラのワクチン開発

タイのSiriraj病院がエボラのワクチンを開発したとのニュースがありました。

TBS 10月2日 タイの病院、エボラ熱治療用の抗体を作製

Straits Timesはシンガポールの新聞と理解しますが、次の記事があった。

Straits Times 9月29日 Thailand hospital has developed an Ebola vaccine, says state news agency

Siriraj病院のホームページはここにあり、ベッド数は2223あり、常勤医870人・看護士/看護助士計5000人で、研究機関と教育機関も保有する非常に大きな病院です。

日本が医療ツーリズムなんて邪道を向いている間に、世界は立派に発展しているような気がします。人類に役立つなんて大げさでなくて良いから、せめて世界の人々に喜んでもらえることを目指すことで良いと思うのです。日本がガラパゴス化し、世界のことは考えず、井の中の蛙として毎日を過ごしているように思えてしまうのです。

|

« 8月下旬からの急激な円安からの脱却方法 | トップページ | 人口減少最大の地方自治体は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/60417244

この記事へのトラックバック一覧です: タイの病院がエボラのワクチン開発:

« 8月下旬からの急激な円安からの脱却方法 | トップページ | 人口減少最大の地方自治体は? »