« アスベスト訴訟の国家賠償責任最高裁判決 | トップページ | 中央リニア JR東海に突っ張らせて良いのだろうか? »

2014年10月10日 (金)

マララ・ユスフザイさんがノーベル賞に決定

マララ・ユスフザイさんがノーベル賞に決定しました。

日経 10月10日 ノーベル平和賞、パキスタンの少女マララさんら2人に

私は、昨年10月7日には、マララのノーベル賞を期待して次のブログを書きました。

2013年10月7日 マララ・ユスフザイさんがノーベル賞の候補

私が、最初にマララについて書いたのは、彼女が国連のYouth Assemblyで2013年7月12日に演説をした時でした。

2012年7月14日 マララ・ユスフザイの国連でのスピーチ

彼女の演説は上のブログの国連TVでは既にリンクが切れていましたが、You Tubeには残っています。

You Tube: Malala Yousafzai addresses United Nations Youth Assembly

演説をした時は16歳。女子に教育は不要だとするタリバンから銃弾を左の脳に受けた。しかし、教育が重要であると、大勢の皆の前で訴える。勇気を与えてくれます。

ノーベル賞受賞に大喝采をあげたいと同時に、マララが世界中の人に勇気を今後とも与えて貰いたいと思います。

|

« アスベスト訴訟の国家賠償責任最高裁判決 | トップページ | 中央リニア JR東海に突っ張らせて良いのだろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/60455022

この記事へのトラックバック一覧です: マララ・ユスフザイさんがノーベル賞に決定:

« アスベスト訴訟の国家賠償責任最高裁判決 | トップページ | 中央リニア JR東海に突っ張らせて良いのだろうか? »