« 再生可能エネルギー買取制度は早急に法改正をすべき | トップページ | 補助金や公共事業より悪い再エネ電気買取制度 »

2014年11月 1日 (土)

再生可能エネルギーと川内原発再稼働と蓄電池

最近、川内原発の再稼働に関する動きが報じられているが、再生可能エネルギー買取制度は早急に法改正をすべきを書いていて、九州の電力需給の問題は原子力にあらず、再生可能エネルギー発電が今後を左右すると思った。

簡単にするため、太陽光発電に絞ります。認定済みを含め、全ての太陽光発電設備を合計すれば17,970MWになる。もし、九州全土が晴天で太陽光発電設備が全出力となった場合は、17,970MWの電力が送配電線に流れ込む。一方、九州内の電力需要は10月30日であれば11,000MW弱であり、6,970MWの電力は行き先を失う。九州電力と中国電力は送電線がつながっているので、中国電力に電力を送ることができる。しかし、6,970MWという大量の電力を送電できるほどの送電線容量はないし、中国電力、あるいはその先の四国電力、関西電力・・・に電力需要があるかとの問題がある。しかし、実は、それ以前に、太陽光発電設備からの電力を受け入れるために九州電力は発電を中断せねばならない。

雲がかかり始め、太陽光発電の出力が落ち始めたならば、九州電力は太陽光発電の出力落ち込みをカバーするために直ちに他の発電設備を運転して対処せねばならない。そんなことが、可能かと言えば、現状では不可能である。どの程度までであれば、可能であるかは、個々の設備の詳細を知らないと回答できないが、火力発電では50%出力から100%出力にする場合でも1時間を要したりするし、50%出力以下では安定的な運転は容易ではないと思う。

通常の日であっても、太陽光発電設備は日没から夜明けまでは全く発電をしない。九州電力の10月30日の最大需要は、太陽光設備が発電をしなくなる午後6時であった。夜の電力供給には、火力発電を運転する。わがままな太陽光発電設備の為に、他の全ての電力供給設備を設置し、太陽光発電設備を運転するために日中でも他の設備を調整しつつ運転するのである。

そこで原子力発電である。原子力発電は、安全運転を最優先にする必要がある。そのため、出力一定運転を日本では実施してきた。原発を再稼働する際も、原発出力一定運転の条件は維持すべきだし、太陽光のための調整運転なんて、してはならないことである。

解決方法として大量の蓄電池を設置する方法がある。この場合、その費用はどうなるか、計算してみた。パナソニックが[公共・産業用] リチウムイオン蓄電システムを2014年8月21日から販売しており、ここに説明がある。20kWhの屋内型で14,600,000円である。九州の太陽光発電設備を17,970MWとし、1日の標準発電量を54GWhと仮定し、その3分の1である18GWhの電池を設置するとして設備費を計算した。18,000,000kWh x 14,600,000円/20kWh=13兆円と計算できた。

大型設備になれば、割安になるはずである。しかし、それでも、その半分の5兆円規模にはなるのではと思う。

さあ、どうだろうか?再生可能エネルギー発電設備は、現状においても電力系統の安定性に支障を来すことが予想される。再生可能エネルギー買取制度は法改正をして、市場競争の原理を組み込むと共に、蓄電池技術の開発に力を入れるべきと考える。蓄電池が設置されれば、電力料金は更に高くなる。それでも、停電をして高くなるより良いかも知れない。勿論、研究段階が終了すれば、市場原理で導入を計るべきである。

本文において九州電力とか書きましたが、単純に九州電力のみならず電源開発の設備や県営水力他九州電力の送配電線に接続された全ての電力設備との意味で捉えてください。どこか1社を悪者にして溜飲を下げるやりかたはしたくありません。様々な角度から分析して合理的に考えて方向性を考えるべきと思います。

|

« 再生可能エネルギー買取制度は早急に法改正をすべき | トップページ | 補助金や公共事業より悪い再エネ電気買取制度 »

コメント

2010年玄海原発事故時に311の時の東京を上回る放射能を九州から奈良県で観測!!

水素文明の奇跡を起こす男ゼロのブログより
九州〜関西の高レベル放射線 玄海原発事故 今後の展開 - 流水 ...
jyoudou.net › 流水成道blog
2010/12/15 - 玄海原発と黄砂とどちらが原因かは、岩瀬さんのおっしゃるように何年かすれば分かります。玄海原発のある佐賀県と他の都道府県で、白血病などのガンや甲状腺障害の発生率を調べてみて、多ければ玄海原発が原因です。 どちらにしろ、 ...
【緊急速報】九州から関西にかけて高レベル放射線を測定【G ...
jyoudou.net › 流水成道blog
2010/12/11 - 九州電力は9日、佐賀県玄海町で運転中の玄海原子力発電所3号機(加圧水型軽水炉、出力118万キロ・ワット)で、1次冷却水のヨウ素濃度がこれまでの平均値の2倍に上昇したと発表した。 燃料棒に微小な穴が生じ放射性物質が漏れ出た ...

投稿: 2010年九電玄海お漏らし事故隠蔽の真実 | 2015年8月 2日 (日) 21時34分

日産電気自動車 24KWh
テスラ電気自動車 70KWh 900万円

どちらも屋根つきで、屋外設置が加能です.車輪が付いていて高速道路を走ることが出来てこの程度の価格なのに、なぜパナソニックの電池がそんなに高いのか?

投稿: rumichan | 2015年8月 8日 (土) 20時39分

『清国ニ対スル宣戦ノ詔勅 原文 明治27年8月1日
天佑を保全し、万世一系の皇祚を践める大日本帝国皇帝は、忠実勇武なる汝、有衆に示す。
朕、茲(ここ)に清国に対して戦(たたかい)を宣す。
朕が百僚有司は宜く朕が意を体し、陸上に海面に、清国に対して交戦の事に従い、以って国家の目的を達するに努力すべし。
苟も国際法に戻らざる限り、各々権能に応じて、一切の手段を尽すに於て必ず遺漏なからんことを期せよ。

日露戦争開戦詔書  明治三十七年ニ月十日
天の助けによって先祖代々皇位を継承してきた家系に属する大日本国の皇帝は、忠実にして勇敢な汝ら国民に以下のことを知らせる。
朕はこの文書で、ロシアに対する戦争を行うことを布告する。
朕の陸軍と海軍は、ぜひとも全力をつくしてロシアと戦ってほしい。
また朕のすべての部下らは、それぞれの職務や権限に応じて国家の目的が達成されるように努力してほしい。
国際的な条約や規範の範囲で、あらゆる手段をつくして誤ちのないように心がけよ。

『米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書』 原文 昭和16年12月8日
天佑を保有し、万世一系の皇祚を践める大日本帝国天皇は、昭に忠誠勇武なる汝、有衆に示す。
朕、茲に米国及び英国に対して戦を宣す。
朕が陸海将兵は、全力を奮って交戦に従事し、朕が百僚有司は、励精職務を奉行し、朕が衆庶は、各々其の本分を尽し、億兆一心にして国家の総力を挙げて、征戦の目的を達成するに遺算なからむことを期せよ。
--------------------------------------

明治天皇は、国際法を守る範囲において、戦争に勝てるよう努力せよと言っている.
戦争に負けたら、天皇の責任である.

昭和天皇は、国際法を守る必要は無く、間違いなく勝てるように考えて戦えと言っている.
つまり、負けた責任は国民にある.
で、どうなったかと言えば、国が滅びることになった.

投稿: rumichan | 2016年4月24日 (日) 16時19分

三菱自動車工業は、どうなるのだろうか
にコメントにコメントするつもりだったけど.

ようは、部下に責任を押し付けると、どうなるかということです.

投稿: rumichan | 2016年4月24日 (日) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/60578538

この記事へのトラックバック一覧です: 再生可能エネルギーと川内原発再稼働と蓄電池:

« 再生可能エネルギー買取制度は早急に法改正をすべき | トップページ | 補助金や公共事業より悪い再エネ電気買取制度 »