« セクハラ最高裁判決 | トップページ | 医療費と医療保険 »

2015年2月28日 (土)

冤罪により懲役12年

5年前、周防正行監督の映画「それでもボクはやってない」が上映されていた。その時書いたブログが2007年2月14日のこれである。

犯してもいない罪で、懲役12年とは残酷で、「それでもボクはやってない」よりスケールの大きなニュースです。

日経 2月28日 強姦事件で再審決定 大阪地裁、被害証言と矛盾の記録

この朝日新聞の記事には、もう少し詳しく書いてあり、虚偽の証言を行ったのは、当時11歳と14歳の少女とのことです。少女の証言のみを証拠として、懲役12年が確定していた。

しかし、医師の診療記録には「体内に性的被害の痕跡はない」とあり、確定的な証拠が存在していた。そして、少女達は証言が虚偽であることを認めた。

冤罪被害者の男は、捜査段階から一貫して否認していたのであり、証言のみで刑事罰を下すことの恐ろしさを感じます。

|

« セクハラ最高裁判決 | トップページ | 医療費と医療保険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/61207604

この記事へのトラックバック一覧です: 冤罪により懲役12年:

« セクハラ最高裁判決 | トップページ | 医療費と医療保険 »