« 福島第一原発政府対応の反省すべき点 | トップページ | 米軍沖縄上陸から70年 »

2015年3月31日 (火)

神話をつくってはならない

福島第一原発事故に関しての政府対応に関してのブログを書いたことの関連です。重要な反省すべき点は、神話をつくってはならないことである。

原発事故後の報道で原発地元の方が、「絶対安全と聞かされていたし、そう思っていました。」とTVのインタビューで答えておられたのを記憶している。これって神話に他ならない。本当は、高い安全性を持つように設計、製作、施工され運転されているとするのが本当の姿であり、人間の仕事である以上、どこかに抜けがある可能性もあるとするのが正しい考え方である。

神話として成立し継続したのは何故かを問いかける必要がある。成立したのは、日本のエネルギー事情もあっただろうし、神話であるが故に恩恵を受けた人も存在する。立地県の知事にとっては、誘致を行い、建設が始まれば、神話は都合が良かったはず。神話を批判をする人間は、政敵であり、神話を根拠にして反論すればよいのである。大東亜戦争において、上官の命令は天皇陛下であり、貴様は天皇陛下に逆らうのかと、非論理的な議論を認めない方法を押し通すことができる。

日本で福島第一原発事故以前において大事故はなかった。新潟地震においての柏崎刈羽原発の事故も、外部への地震の結果としての放射性物資による汚染はなかった。本当は、原発安全性を考えるシンクタンクがあり、そこが安全性についての報告書を作成・公開して多くの国民が安全性を議論できれるようになっていることが重要と考える。そのシンクタンクは政府とは独立していなければならない。あるいは企業が問題点やリスクを調査・研究し、報告してビジネスに結びつけても良いと思う。アル・ゴアの不都合な真実という本と映画があるが、問題を提起すると言うことでは、すばらしい内容である。

日本では、なかなか起こらないのだろうか。日本のマーケットは、政府の意向の影響を受けやすいと言える。マスコミは政権首脳の方を向いて報道をしているように感じてしまうこともある。また、企業もトップの意向が全てみたいになってしまう。トップは、トップとしての営業セールス活動をしており政権首脳とつきあう以上は、そうなってしまうこともあるが、所詮ビジネスは、それぞれ個別であり、矛盾していっこうに構わないと思うのである。

日本が今後発展を目指すなら、多様性が重要である。企業なんて矛盾する幾つかについて同時に投資しても構わない。どれが成功するか分からないのであるから。企業は神話を作ってはならない。政府も、同じであり、そして国民は神話はないと思うことである。ただし、宗教は人の能力を超越したことにも及んでいることから、宗教神話を否定するつもりはありません。

|

« 福島第一原発政府対応の反省すべき点 | トップページ | 米軍沖縄上陸から70年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/61366929

この記事へのトラックバック一覧です: 神話をつくってはならない:

« 福島第一原発政府対応の反省すべき点 | トップページ | 米軍沖縄上陸から70年 »