« 最高裁夫婦同姓損害賠償棄却判決 | トップページ | 国民をあざ笑う東京オリンピックの費用 »

2015年12月17日 (木)

日本の医療への懸念

3分の1の病院・診療所が赤字だそうです。

CBニュース 12月9日 3分の1の病院・診療所が赤字

ニュースソースは次の東京商工リサーチの発表です。

東京商工リサーチの12月8日の調査報告 「病院・診療所」、「調剤薬局」の業績動向調査

次は、医療法人に対して融資等を行っている福祉医療機構の12月15日の発表で、融資先の医療機関の財務データの分析結果です。調査対象とした一般病院811病院のうち43.4%が2014年度決算では赤字だったとのことです。

福祉医療機構 12月15日発表 平成26年度 病院の経営状況について

6ページ目に次のグラフがありますが、赤字病院の割合は近年増加しています。

Fukushiiryoukikou201512

どう考えるべきでしょうか?医療機関が倒産すると、困るのは国民です。勿論、半分以上は黒字であり、大丈夫な病院も多いのです。なお、医療従事者は、国民に対する召使いであり、奴隷労働をすべきであるなんてことは言えません。

このようなことを書いておられる人がいました。NHK夜7時のニュースって、私はレベルが低すぎると思っています。

政治家やマスコミとは、正しいことを言いません。自分に都合の良いことを述べるか、あるいは一面のみで議論をしようとします。最近は余り聞かれないが、一時は医療ツーリズムを伸ばすなんてことを言っていた人がいました。その前に、国民に対する医療が、より重要だと考えます。

|

« 最高裁夫婦同姓損害賠償棄却判決 | トップページ | 国民をあざ笑う東京オリンピックの費用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/62889185

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の医療への懸念:

« 最高裁夫婦同姓損害賠償棄却判決 | トップページ | 国民をあざ笑う東京オリンピックの費用 »