« 福島第1原子力発電所炉心溶融 | トップページ | 福島第1原子力発電所炉心溶融について »

2016年6月18日 (土)

大失敗のアベノミクス(やはりいびつ)

アベノミクスとは、近い将来には、大失敗の経済政策として批判されるように思う。国債発行残高の3分の1を中央銀行が買い占めして保有しているのは、どう考えてもいびつである。

日経 6月18日 国債保有、日銀が3分の1超す 買い取り限界論も

この日経の記事には日銀資金循環統計を基に作成した国債残高のグラフがあり、そのグラフを見るとよく分かる。安倍政権発足当時の2012年12月時点の日銀保有国債残高は100兆円を切っていた。それが本年3月末には364兆円と3.7倍になっている。中央銀行が国債を買い続けたなら、その国はいずれ破綻する。

阿部・黒田による暴走としか言いようがないと思える。物価2%上昇で良いことがあるのか?実は意味がない。意味がないバブル経済を目指して、国民を貧困に陥れるリスクを考えねばならない。アベノミクスとは単に日銀金利を下げただけで、他は何もしていない。「それじゃ駄目じゃん!」の見本みたいな政策である。日銀金利を下げただけでは、展望も何もないのである。

そんな展望のなさは、消費税増税延期も同じである。軽減税率を言い出して、消費税はおかしくなったのであるが、本来は消費税増税結果のしわ寄せを吸収し社会変革を促す予算支出を伴った政策も含めて考えるべき所を、金持ちほど優遇する軽減税率の導入に走った。だから延期する選択肢しかなかった。

1990年代初頭のバブル崩壊以後、日本において特筆すべき産業はほとんど生まれていないように思える。本来であれば液晶なんかそうであったのだろうか。しかし、液晶も技術の底は意外と浅く中国なんかも簡単に追いつける技術であったのだろうかと思う。

英国のEU離脱についての国民投票は23日なので1週間を切っている。嘗ての大英帝国であれば、絶対になかった議論である。強い英国であれば、世界で経済競争に負けるわけがない。今や、保護主義に入らないと不安に思う人が多くなっている。日本も、そのようになるリスクがあり、その場合、誰が貧しくなるのかをよく考えねばならない。利益を受け続けるのは、政治家だけで良いのでしょうか。

|

« 福島第1原子力発電所炉心溶融 | トップページ | 福島第1原子力発電所炉心溶融について »

コメント

はじめまして。

>国債発行残高の3分の1を中央銀行が買い占めして保有しているのは、どう考えてもいびつである。

どう考えたのか、その中身を教えてください。

>中央銀行が国債を買い続けたなら、その国はいずれ破綻する。

破綻する、とは?具体的にどうなるのでしょうか。ちなみに私は、日銀の国債買い入れ量が増えていくとインフレ率が高まっていくと思います。

>物価2%上昇で良いことがあるのか?実は意味がない。

デフレスパイラルのロジックは、幻想に過ぎないと?私はデフレには経済を萎縮させ、内部留保による受益を促し、失業者を増やすという実害があると思います。

もう少し詳しく、この辺りについて議論させていただければ幸甚です。

投稿: 大竹 | 2016年6月21日 (火) 23時05分

大竹さん

多くの人は、大竹さんのように思っていらっしゃるかも知れないと思います。

1)国債とは政府の借金であり、返済原資は税金である。税収不足の時に国債に頼らざるを得ない場合もある。それでも通常は投資家が購入できる範囲に限られるわけで、1000兆円の国債を発行して300兆円を中央銀行が保有しているのは、異常な状態と言わざるを得ません。

そもそも将来どうやって返済原資である税金を徴収するのか不明ですが、将来の日本国民は重税であえぐことになるのを懸念します。

2)IT関連のハードやソフトは性能に対して価格は上がっていません。デフレの原因の一つです。しかし、このことは経済にとってマイナス要因ではありません。もし、旧態依然とした経営をしていればITの波に乗り遅れ、経営悪化となります。

経営者たる者は、目くらましの経営をしてはならないのです。標語で経営をするのではなく、実態をよく見極め、正しい方向に向かうようにすることが重要です。デフレ・インフレの議論より重要なことがあると私は言います。

投稿: ある経営コンサルタント | 2016年6月22日 (水) 15時11分

お返事ありがとうございます。

1)について
なぜ日銀3割保有が問題あるのか?なぜ返済しなければならないのか?
そこのお考えをお聞きいたしたく。
あるいは、返済しなければ何が起きるか、でも構いません。具体的にお願いしたいです。

日銀が買い切ってしまえば、国債の利子も政府の収入になって戻ってきますから…
返済の必要などないと思います。あまりにも話がうますぎると思われますか?

投稿: 大竹 | 2016年6月22日 (水) 21時57分

大竹さんへ
金本位制ではない紙幣発行は、通貨発行残額=負債、国民が手にする紙幣=資産とすることにより、正負がバランスして成り立っています.これが中央銀行制度の基本であると考えるのですが、日銀が国債を保有するということは、この基本が成立しなくなっていて、政府発行紙幣と変わらない状態になっていると考えられます.
どういうことが予想されるかと言えば、日銀の国債保有額が増えれば増えるほど、些細なことを契機にハイパーインフレを起こす可能性が高まることになる.

政府発行紙幣の考え方は、紙幣の価値は常に正で負債は存在しないのですが、それがために、一度信用を失うと簡単に紙切れになってしまう可能性が高い.
中央銀行制度の紙幣は、負債の考え方により、負債を返済して行くという信用により、通貨の価値が成り立っているのだと思います.

要は、何によって紙幣の価値を保証するかの問題で、政府発行紙幣の場合も、日銀が国債を保有することも、皆が日本国は大丈夫だと思い込むだけの、架空の信用だけで成り立つことになってしまうのではないでしょうか?.

投稿: rumichan | 2016年6月23日 (木) 01時03分

1.金本位制
  金の価値により、紙幣の価値が保証される.

2.産油国、資源輸出国の紙幣
  資源価格により紙幣の価値が保証される.

3.中央銀行制度の紙幣 
  負債の考え方により、負債の返済能力により紙幣の価値が保証される.
  紙幣発行額は、負債の返済能力によって制限されるとも考えられる.

4.政府発行紙幣
  日本の場合は、国の信用、架空の信用で紙幣の価値が保証される.

中央銀行制度の紙幣の価値は、負債の返済能力によって担保されるという私の考えが正しければ、
日銀が国債を保有する=借金を返済しないと言う虫のよい考え、
この考え方の間違いを証明することになると思います.

投稿: rumichan | 2016年6月23日 (木) 01時34分

rumichanさん

応答ありがとうございます。
ハイパーインフレについては、岩石理論で検索していただければ反論が見つかると思います。
昨今のデフレから抜け出せない状況を鑑みると、まさにそのインフレを起こすことが必要な状況です。もう20年以上もデフレスパイラルで苦しんできたわけですから。そして、一度インフレ傾向が表れたなら、金利引き上げなり増税なりの伝統的な政策でインフレ率のコントロールができます。
巨額の戦争賠償を背負った、または生産基盤が壊滅した以外の理由で、ハイパーインフレに陥った例はあるでしょうか?私は日本がそれに当てはまるとは(国債発行総額をを今より増やしたとしても)思えません。また、日銀/政府/財務省がそれを放置するほど愚かとも思いません。

金本位制については、述べるまでもなく不要な議論です。それは過去の遺物であり、通貨の価値を担保するのは信用そのものでしょう。(おまけで納税できること、ですかね)

投稿: 大竹 | 2016年6月23日 (木) 12時03分

ヒットラーは政府発行紙幣の通貨発行により経済成長をしました.その結果は?.

日中戦争当時、日本は戦時国債を日銀で買い取りました.その結果は?.

投稿: rumichan | 2016年6月23日 (木) 21時25分

rumichanさん
あなたは「どういうことが予想されるかと言えば、日銀の国債保有額が増えれば増えるほど、些細なことを契機にハイパーインフレを起こす可能性が高まることになる」とお書きになりました。
その『些細なこと』とは例えばどんなことですか?それはなぜ今の日本においてハイパーインフレ(インフレ率13000%)を引き起こすのですか?それは日銀にも政府にも財務省にも対処のしようのない状況なのですか?
それを具体的に書いていただかないと、議論のしようもありません。
よろしくお願いいたします。

投稿: 大竹 | 2016年6月24日 (金) 01時47分

資産<負債 債務超過

以前は国民の貯金、企業の退職金積立金等に依り、国債の大半が購入されていました.国債の全てが国内のお金で購入されているのならば、国家としては債務超過になることはありません.

現在の状態は、日銀が国債の保有を増やした分だけ、都市銀行に資金が余剰に保有されていると思います.(個人のタンス預金と同じ状態)
銀行の預かり金利がマイナスになる、預金手数料を取る等の方法で、銀行によるタンス預金状態が続くならば、債務超過にはなりません.(国債の発行額は当然資産以下でなければならないが)

けれども、私の予想に過ぎませんがこのような状態は続かないでしょう.都市銀行は資金を何らかの方法で運用して利益を上げようとするはず.資産運用が上手く行けばよいけれど、年金運用で多額の損失を出したのではないかと言われているように、国民の資産が目減りする可能性がある.日本の国内情勢だけではなく、国際情勢によりある日突然資産が目減りして債務超過になる可能性が、銀行の資金が増えるほど高まることになる.
同時に他方では、赤字国債を増やし続けているが、このようなことを何時までも続けていてよいのかどうか?.

ちなみに都市銀行が貸し出した資金が、どの様な状態にあるかまでは、日銀は管理することは出来ないはず.日銀は銀行が貸し出したお金が不良債券化するのを防ぐことは出来ないはずです.

投稿: rumichan | 2016年6月24日 (金) 04時30分

rumichanさん
>現在の状態は、日銀が国債の保有を増やした分だけ、都市銀行に資金が余剰に保有されていると思います

国債を買う分の円は、国の予算となって財政支出の形で消化されますから、いきなり都市銀行の資金になどならないでしょう。

で、私の質問には答えていただけませんか?
rumichanさんは「どういうことが予想されるかと言えば、日銀の国債保有額が増えれば増えるほど、些細なことを契機にハイパーインフレを起こす可能性が高まることになる」とお書きになりました。
その『些細なこと』とは例えばどんなことですか?それはなぜ今の日本においてハイパーインフレ(インフレ率13000%)を引き起こすのですか?それは日銀にも政府にも財務省にも対処のしようのない状況なのですか?
よろしくお願いいたします。

投稿: 大竹 | 2016年6月24日 (金) 08時54分

東京三菱UFJが国債取り扱い銀行を止めると言っていますが、どういうことなのですか?.

日銀の国債保有額が増えたたのは、新規に発行した額が増えたのですか?.
そうでないならば、他の所でその分が減ったはず.どこが減ったのですか?.

投稿: rumichan | 2016年6月24日 (金) 23時00分

rumichanさん
すいませんが、まず貴方がお書きになったことについて説明をお願いします。

rumichanさんは「どういうことが予想されるかと言えば、日銀の国債保有額が増えれば増えるほど、些細なことを契機にハイパーインフレを起こす可能性が高まることになる」とお書きになりました。
その『些細なこと』とは例えばどんなことですか?それはなぜ今の日本においてハイパーインフレ(インフレ率13000%)を引き起こすのですか?それは日銀にも政府にも財務省にも対処のしようのない状況なのですか?
よろしくお願いいたします。

投稿: 大竹 | 2016年6月25日 (土) 08時22分

大竹さん

しばらく前のことですが、ある政党が「自分たちが政権を取れば、高速道路料金を無料にします。」と宣伝したことがあります。結局は1000円高速にしましたが、どのように思われますか?

私は、目先だけで本質を無視ししていると思います。同じようなことが、国債の日銀による度を過ぎた買い入れにもあてはまると思います。

投稿: ある経営コンサルタント | 2016年6月26日 (日) 00時32分

秋月先生

こんばんは。
高速道路の件は、公約違反でしょうね。1000円にするのも一定の効果はあったと思います。

日銀の国債買い入れ、目先だけで本質を無視していると仰いますが、この場合本質とは具体的に何でしょうか?何を無視しているのでしょう。
私が思うには、通貨発行権を有する政府および日銀は、借金での破綻を本質的に回避可能です。ただし、その副作用は通貨量が増えることによるインフレ圧力です。したがって、インフレが亢進していないなら国債買い入れは過剰でないと言えます。
この考え方の問題点を、具体的にご指摘願えますでしょうか。

投稿: 大竹 | 2016年6月26日 (日) 01時45分

日本は太平洋戦争後、1ドル360円の固定為替相場により、インフレを起こして国の借金を減らす方法、つまり国民の資産を失わせて経済を立て直しました.
余談かもしれませんが、アメリカが賠償金を放棄したために借金は残らず、それに加えて、日本の経済権益もアメリカが求めなかったために、変な言い方かもしれませんが、日本の経済的経営権は日本に残りました.例えばコーラ会社が日本に進出したのですが、日本の既存の経営権が奪われることはなかったのです.
アメリカは例えば港湾の使用権、鉄道の敷設権の様な権益と引き換えに、蒋介石、毛沢東を軍事援助していたはずなのですが、負けた日本に対してそうした権益が要求されなかったのは、不思議でなりません.
財閥解体は行われても造船会社の経営権は日本のまま、鉄道会社も同じでした.
例えば1056年だったと思いますが、日本の造船はイギリスを抜いて世界一になっているので、結果論からいえばアメリカは取ろうと思えば賠償金を取る方法はありました.
もっとも現在でも、日銀の外国資本は半分以下で総裁も日本人ではあるが、けれども実質的には経営権はアメリカ(金融資本)に握られていて、日本経済全体がアメリカに操られて、未だに賠償金の変わりのお金をむしり取られているように思われますが.
(横田基地にCIAの人間がフリーパスでやってきて、日本の官僚と会合を行い指示を出す.その官僚によって日本は動かされている)

ギリシャ
EUの要求を拒んで破滅の道を歩か、要求を受け入れるのか.結局はEUの要求を受け入れて追加融資を受ける道を選びました.
ギリシャは観光資源に恵まれ、安定した観光収入がある.外国人が勝手にお金を持ってやって来てくれる国なので、随分救われていると思います.
が、一方では、中国が港湾の使用権を条件に融資する話があって、港が経済進出の拠点になるだけでなく、軍事進出の基地になるのではないかとも言われています.

韓国
かつて通貨危機の時、IMFから融資を受けて乗りきりました.
現在の韓国は、現代は何とか半分以上韓国資本ですが、サムスンは51%、銀行全体では約80%が外国資本だそうです.

戦後の日本は破滅しインフレを起こしましたが、経済的にみれば日本は日本のまま残りました.けれども韓国は破滅しなかったにしても、経済的にみれば外国資本の国になってしまったのです.

現在1ドル=100円と仮定します.
ある人が銀行から100円借金して、1ドル買いました.
円高が進み1ドル80円になったとすると、銀行が融資した100円の内の20円は不良債権になってしまう.

マイナス金利になって金庫が売れ始めたと言われている.日銀が国債の保有を増やすということは、その分のお金が別の所へ行くことになるわけで、現在はまだタンス預金の様な行き場のお金として保有されていると思われるが、いずれは国債とは別の方法で運用されることになるはず.
もし外国の国債で運用されれば、為替相場の影響を受け、儲かるときもあれば損失を出すこともある.資源相場に影響を受ける運用ならば、石油価格は短期間に150ドルから30ドルまで変動した要に、多額の損失を出してしまう可能性がる.安定した運用を考えるはずなのだけど、日本の力で資源価格を操ること、安定させることは出来ないように、どの様な運用をしてもどうなるかは分らないと思う.

三菱自動車は、下請けまで含めた視点で見れば、本当に一握りの者達のヘマで、会社存亡の危機になりました.
現時点では自動車産業は成長産業なので日産が救済しましたが、自動車産業の景気が良くないときだったらどうなったことか.
三菱重工は豪華客船で損失を出し、三菱商事(商事会社全体)は、資源投資で損失を出し多額の投資を行ってきた権益を安値で手放している状態で、三菱グループには三菱自動車を救済する力はありませんでした.

パナソニックに合併した山洋電気は資産の切り売りでほぼ消滅し、シャープも台湾企業に買収されました.エルピータメモリも然りで、東芝も然り、日本全体の国力は低下している方向にあると思われます.
更にはイギリスのEU離脱で、日立、日産等に損失が予想される等々.

自動車産業は好調ですが、円高になればどうなのか?.電子部品はアップルに振り回されている.
原発輸出を行おうとしているが、成功したとしたら、もし事故を起こせば、現在の情勢では製造会社が多額の賠償責任を負うことになるのは間違いない.
アメリカで三菱の原子炉部品が原因で廃炉になって、多額の賠償を求められている.放射能漏れを起こしていたら幾らになったか分らない.アメリカの原子炉会社は事故を起こしたときの賠償を負いきれないので、製造から手を引き、権利を日本の会社に売り渡したのです.

日本が経済的に転落する要因は幾らで予想されるし、多くの場合は予想も出来ないことが起きるものである.常識的に想定外が起こるものなのです.
で、おっしゃるようにハイパーインフレはまず起きないと私も思います.それはハイパーインフレにならないように術を施すからであって、その結果は韓国の例のようになると思われます.
国民の資産を守るために、ハイパーインフレにならない方策を行う.だから国の借金は減らない.ただし、企業の資本、銀行の資本が外国資本に握られることになる.表面的には何も変わらないけど、経済的な裏側を覗くと、日本が日本でなくなることになる.

投稿: rumichan | 2016年6月26日 (日) 19時15分

rumichanさん
>おっしゃるようにハイパーインフレはまず起きないと私も思います.

では撤回されるのですね。なぜ間違っているとわかっていることをお書きになったのですか?
また、その後のご説明ですが、日本政府が国債を発行して日銀が買い入れた場合に、なぜ「外国資本に握られる」などと言い出されたのですか?

失礼ながら、rumichanさんの記述は思いつきのままに書かれたようで、論理の繋がりが判然としません。もう間違いを書かれることのないよう、しばらく頭を冷やしてはいかがでしょうか。

投稿: 大竹 | 2016年6月26日 (日) 21時28分

資産(貯蓄)<負債 債務超過、破産、倒産

国債が国民の貯蓄で購入されているうちは、国民の資産が『国債=国内』に存在し減少することもないため、国が債務超過になることはありません.
ところが国債を日銀が保有すると、その分のお金が他の所に行くことになり、資産が減少すると、国が債務超過になる可能性がある.
日銀が保有する国債に直接的な問題があるのではなく、その分のお金がどうなるかが問題です.これは日本の国債を外国が購入しても同様ですが.

企業の債務超過.
多くの場合、倒産を防ぐために対策を取ります.
1.債券放棄
2.追加融資.この場合国内の資本が支えきれないと、シャープのように海外の資本を導入し、外国資本の会社になってしまう.

ちなみに倒産すれば、債権者の資産が全て失われることになって、インフレで資産が失われたのと同様の結果になる.
日産は外国資本でも国内に工場が残っているが、シャープの場合はリストラしない、資産の切り売りをしない約束でも、7千人のリストラを行うことになったように、幾年かすると山洋電気のように消滅してしまうかも知れない.

山洋電気の一部を例にすれば、
1.パナソニックは、山洋から引き継いだ家電用ICの製造部門を、オンセミコンダクターに売却した.
2.オンセミコンダクターが日本の旧山洋の工場でICの製造を続ければ良いが、そのうちに合理化で別の工場で作るようになると、旧山洋の実態は消滅する.


国の債務超過の場合はどうなるか?.
以下の方法が考えられる.
1.企業の場合と同じように債券放棄、追加融資が考えられるが、国の資産(国民の資産)が不足しているのだから、必ず外国の融資を受けなければならず、経済的に国が外国のものになる事になる.

.....それが嫌、あるいは不可能ならば、こうするしかない.
2.戦争を行って外国を侵略し、略奪によって(日本の)国の資産を増やす.
3.インフレによって負債を減らす.

ヒットラーは政府発行紙幣の経済政策を行い、結果的に戦争を行うことに、つまり戦争による略奪により、国の資産を増やす方策を行うことになった.
日本は日銀が国債を保有する経済政策によって日中戦争を行い、結果的に太平洋戦争を行うことになった.戦争により国の資産を増やす道を取った結果がどうなったかと言えば、最終的にはインフレで国の負債を減らすしかなかった.

安部のやっていることは、
1.日銀が国債を保有し、借金を増やすこと.
2.憲法を改正し、戦争を行う国にすること.

投稿: rumichan | 2016年6月28日 (火) 03時13分

rumichanさん

おはようございます。
>ところが国債を日銀が保有すると、その分のお金が他の所に行くことになり、資産が減少すると、国が債務超過になる可能性がある.

「他の所」とは例えばどこですか?理由も合わせてお願いいたします、教えてください。

また、「日銀の国債保有額が増えれば増えるほど、些細なことを契機にハイパーインフレを起こす可能性が高まることになる」とお書きになった理由についてもお願いいたします。

投稿: 大竹 | 2016年6月28日 (火) 08時38分

秋月先生
rumichanさん

お返事頂けなくて寂しいです…

投稿: 大竹 | 2016年6月29日 (水) 13時46分

私はアベノミクスがいびつだとは思いません。
アベノミクスの問題点は、
①財政支出が不足していて緊縮的であること
②消費税率を8%に上げてしまったこと
この2点だと考えてます。
それに対し、日銀が金融緩和した点がアベノミクスの良い点です。

今後は、消費税率を下げることや財政支出を拡大すること、それに伴い増発される国債を日銀が買い上げることにより、景気回復を目指すべきです。国債の増発と日銀による買い入れの量は、インフレ率が4%程度になるまでは問題ありません。そこに達したら、インフレ率をコントロールするよう徐々に減らせばよいでしょう。

投稿: 大竹 | 2016年6月30日 (木) 08時02分

伝わってますか?
納得いただけたら嬉しいです。

投稿: 大竹 | 2016年7月 2日 (土) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/63796019

この記事へのトラックバック一覧です: 大失敗のアベノミクス(やはりいびつ):

« 福島第1原子力発電所炉心溶融 | トップページ | 福島第1原子力発電所炉心溶融について »