« ポケモンGOキャラクターとのつきあい | トップページ | 相模原市の障害者施設での入所者殺傷事件 »

2016年7月24日 (日)

マーティン・ウォルフ氏のFT社説

日経が『せめぎ合う民主主義と世界秩序』として7月24日にFinancial Timesに掲載されていたマーティン ウォルフ氏のFTの社説を載せていた。次です。

日経 7月24日 [FT]せめぎ合う民主主義と世界秩序

私なんかは、このような意見に共感を覚え、賛同します。興味ある方は英語の原文も読むことをおすすめします。英語の記事は、次のリンクにあります。(タイトルも日付も、日経訳文と少し異なっているが、これです。)

FT COM July 19, 2016 Global elites must heed the warning of populist rage

英語で読むのも、おもしろいものです。日経での第3パラグラフの「これらの政策はまがい物だ。」は、原文では”The remedies they offer are bogus.”となっている。最後の文章の締めくくりの部分は、日経では「しかし、失敗は許されない。我々の文明そのものが危険にさらされているからだ。」となっているが、英語での以下の表現の方が、私にはやさしく聞こえると同時に、勇気を与えてくれそうな気がします。

It is not going to be easy. But failure must not be accepted. Our civilisation itself is at stake.

マーティン ウォルフ氏は、5つの政策について書いているが、その通りで、これも英語がおもしろい。第5の政策を日経記事は「扇動政治家と訳しているが、原文は” the quacks”となっており、ヘイトスピーチをする人達も含んだ幅広く扇動家であると私は考える。

日本においても金融政策や公共投資政策に過度に依存しないで、人々が昨日より明日が豊かになることを目指す政策を考えて、実施すべきです。

|

« ポケモンGOキャラクターとのつきあい | トップページ | 相模原市の障害者施設での入所者殺傷事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/63960138

この記事へのトラックバック一覧です: マーティン・ウォルフ氏のFT社説:

« ポケモンGOキャラクターとのつきあい | トップページ | 相模原市の障害者施設での入所者殺傷事件 »