« 2年弱勤務して300億円を超える報酬を得た | トップページ | これも杭問題なんでしょうか?大林組at San Fransisco »

2016年8月10日 (水)

公正取引委員会もi-Phoneをターゲットに

直前のエントリー2年弱勤務して300億円を超える報酬を得たの続きのようなニュースかと思いました。

日経 8月10日 標的はアップル 公取委・経産省が異例のタッグ

i-Phoneは、ソフトバンク以外にNTTドコモとKDDI-auも扱っている。i-Phoneのキャリア別シェアをネットで探してみた。少し古い2014年2月調査であるが、このページによれば、ソフトバンク17%、NTTドコモ8%、KDDI-au14%であり、合計するとi-Phoneのシェアは39%である。

さて、i-Phone 6S 16GBを新規に契約するとして、ソフトバンク、NTTドコモ、KDDI-auの月額料金をネットで調べてみた。そうすると、ソフトバンク8,883円/月、NTTドコモ8,010円/月、KDDI-au7,560円/月となった。完全に同条件になっているか、間違いがあるかも知れないが、契約する会社によって同じ機種・同じサービスでも料金が異なるようだ。

購入や機種変更をする場合は、是非、比較して検討した上で購入することを求めることをおすすめします。なお、私のおすすめは、やはり格安スマホです。50,000円の機種を購入しても36月使用するなら、月額1,388円であり通信料金が月に2,500円かかったとしても月額3,888円です。電話はLINEやIP電話とするなら月額3,500円以下となる可能性もあります。

|

« 2年弱勤務して300億円を超える報酬を得た | トップページ | これも杭問題なんでしょうか?大林組at San Fransisco »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/64040639

この記事へのトラックバック一覧です: 公正取引委員会もi-Phoneをターゲットに:

« 2年弱勤務して300億円を超える報酬を得た | トップページ | これも杭問題なんでしょうか?大林組at San Fransisco »