« ネット上の情報の重要性を認める最高裁判決 | トップページ | 東京オリンピックの不正招致疑惑捜査は本格化するのか »

2017年2月 7日 (火)

東芝と原子力の今後

東芝の原子力に関してDiamond onlineに次の記事があった。

Diamond online 2月6日 瀬戸際の東芝を襲う4つの更なる「時限爆弾」

東芝の原子力設備他の事業について、様々な視点で解説した興味ある記事でした。

東芝の原子力設備事業について、書いてみたい。

1) 何故東芝は、それほどまでに原子力ビジネスにこだわるのか

東芝は原子力発電の設備製造・建設を行っている会社である。新規設備の建設がなければ、市場は小さくなり、事業は縮小する。この一般原則は、必ずしも原子力ビジネスには当てはまらない。

日本で原子力発電を行っているのは、日本原電を含め10社である。次の図は、2015年度の10社合計の原子力発電コストである。

Japanesenuclear20162a_2

2015年度において稼働していた原発は関西電力高浜の短期期間稼働と九州電力川内のみであった。発電量も日本全体の1%足らずの9.4TWh。ところが、コストは10社の有価証券報告書の数字を足しあげると1兆3千億円近くになる。このうち設備メーカが関係する修繕費が大きく、関与度合いが大きいと思われる委託費も加えると非常に多くなる。

車であれば、コストで大きな割合を占めるのは、燃料費であるが、全く異なる。多くの原発が稼働していた2010年度以前の原発コストも含めてその推移を示したのが次である。

Japanesenuclear20172b

修繕費は、稼働した時の方が多い。しかし、稼働停止中もそれなりの金額である。2015年度では2166億円であった。原発保守サービスのマーケットとは、安定した大規模マーケットである。

2) 世界の原発マーケット

世界中には、どれだけの原発があり、どれほどの発電をしているかを示したのが次の表である。

Worldnuclear20172a

世界を眺めると相当な数の原発が存在する。原発とは、高度な技術かどうかは、兎も角としても、高度な安全性を要求される設備である。安全基準も改正され、常に高度な基準を満たさないと運転できない。原子力機器メーカが常にビジネスを継続できるマーケットが存在する。最新の高度な技術を保有し続けることができたなら、良いビジネスを継続できる。

3) 世界中の原発の大部分はPWR

次の表は、世界中の原発の原子炉をタイプ別に分類した表である。

Worldnuclear20172b

PWR(加圧水型原子炉)とはWesting Houseが当初潜水艦の推進動力用として開発した原子炉である。東芝はGEと組んでいた結果、BWRであった。しかし、WHを取得した結果、PWRのビジネスに入っていく事が可能になった。日本のPWRは三菱重工が供給した結果、やはり修繕関係は三菱重工となるが、米国ではWHが強い。

4) 東芝のWH購入は凶 or 吉

大金をはたいてでもWHを買った理由はおわかり頂けたと思います。しかし、ビジネスとは、そんなたやすい事ではない。マーケットは思ったように動かないのが常である。WH購入とは、東芝の手にも余る、屋台骨まで影響を与えかねない大きな買い物とも言える。

しかし、現時点で勝負がついたわけではない。もしかしたら東芝に将来大きな利益をもたらすかも知れないし、耐えきれなくて手放さざるを得ないかも知れない。誰にも分からないことと思います。

|

« ネット上の情報の重要性を認める最高裁判決 | トップページ | 東京オリンピックの不正招致疑惑捜査は本格化するのか »

コメント

東芝の株主として、勉強させていただきました。

投稿: 中村 年雄 | 2017年2月 8日 (水) 13時44分

中村 年雄 さん

何かのご参考になれたのなら光栄です。

株主でなくとも、原発は気になる所です。

廃炉が大変だと言っても、実は廃炉のために働いてくれている人たちがいるから廃炉が可能です。燃料デブリの放射線レベルが高いと報道されていますが、当然原子炉は運転をしていなくても、そこに高濃度放射性物質があるわけで、働くには防護服を着け、それでも放射線を浴びるので、線量管理をして働く。

現在は、電力会社が廃炉は勿論、停止中の原発の管理に関する金銭負担をしてくれています。もし、「原発止めたー」となったら、どのような仕組みで誰が費用負担をするのでしょうかね。原発廃止という決定をしても良いと思うのです。しかし、そのような場合についても、原発の廃炉やおもり費用のことも考える必要がある。

原発って難しい問題だと思います。

投稿: ある経営コンサルタント | 2017年2月 8日 (水) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200131/64861132

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝と原子力の今後:

« ネット上の情報の重要性を認める最高裁判決 | トップページ | 東京オリンピックの不正招致疑惑捜査は本格化するのか »