« 太陽光発電の現状(3月4日入札結果) | トップページ | 電力需給逼迫は本質を見極めるべき »

2022年3月10日 (木)

LNGについて

原油価格の高騰が続き、ガソリン価格の抑制のための補助金拡大となっているとのニュースがあります。

日経 3月9日 ガソリン価格介入に限界、原油高騰続く 補助25円到達も

原油価格をチャートで見ると次の通りです。

Oil_price_charts20220310

LNGの価格を通関統計で調べると次の通りでした。

Lng20223a

LNGをトンあたりの価格で聞いてもピンとこない。そこで、熱量あたりの価格とし、同様に原油価格も円換算して同じ熱量あたりの価格としてチャートを作成してみた。比較にあたりWTI原油価格はそのまま円換算し、熱量は原油38.28MJ/Lとし、LNGは55.01MJ/kgとした。

Lng20223b

熱量あたりでLNGと原油を比較するとほぼ同じ価格推移となった。当然と言えば、当然だし、ガソリンのトリガー価格なんてことではなく、エネルギー全体についての課題・問題としてとらえて、研究・検討することが正しい解決と考える。それでも、エネルギー価格とは、大きな変動がある商品だと思う。

原油にしても、LNGにしても日本は輸入国である。どこから輸入しているかのチャートを最後に掲げることとする。オーストラリア、マレーシア、カタール、米国、ロシア、ブルネイ、パプアニューギニアで2021年の場合は90%を占めていた。なお、チャートにあるように輸入量は毎年減少傾向にある。(消費量も同一と考えられる。)

Lng20223c

|

« 太陽光発電の現状(3月4日入札結果) | トップページ | 電力需給逼迫は本質を見極めるべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽光発電の現状(3月4日入札結果) | トップページ | 電力需給逼迫は本質を見極めるべき »